このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年02月17日

FF11というゲームの貨幣を考える

「年功序列型ドラゴンボール経済」について

山口先生の所の話で、ちと思うとこがあったので
つれづれに。

FF11をやっていた頃、辟易させられたのが
インフレ経済で、まぁ、酷いものでした。

ただ、インフレは、ゲーム内経済にはつきものだった。
大抵のMMOは、この問題に悩まされます。

FF11の問題点は、
http://blogpal.seesaa.net/article/4463150.html
のエントリで指摘しましたが、
「ギルが店から無限に吐き出される事」と
「アイテムが永遠に壊れない事」です。

どちらも、現実世界ではゼッタイにありえないことで
もし、リアルでこんな状態なら、世界経済偉いことになるわけです。

幸い、ゲーム内なので、何とかなってますけど。

で、ですね。
「アイテムが永遠に壊れない事」については、
解決策は簡単なんです。

手っ取り早く解決するには、プレイヤーがもてるアイテムの所持数を10%減らせばいい。
MMOでは、プレイヤーがアイテムをもてる数は決まっています。
「アイテムが永遠に壊れない世界」だとはいえ、「所持アイテム数」が
限られているわけですから、モノが増えれる上限は決まりきっているわけです。
それ以上は増えない。そういう風にできてます。

だから、モノが増えすぎたら、プレイヤーの所持アイテム数を減らしちゃえばいいわけですよ。
無論、そんなことしたら、プレイヤーが激怒しますから、そうできないわけですけど。

MMOにおいて、プレイヤーの所持アイテム数は非常に重要です。
経済発展の段階のそれぞれにおいて、アイテム数の上限はしっかりと
決めておかないとアイテムがあふれかえってしまいますから。



というわけで「所持アイテムの上限をコントロールする」、
あるいはUOみたく「アイテムに耐久性をつける」事で
無理やりアイテム需給はコントロールできるわけです。


ですが、既存のMMOだとコントロールできない問題があって。
それがマネーサプライ。つまり、経済内に出回る貨幣の総量です。

現実世界では、中央銀行が市中にでまわる貨幣の量をコントロールしているわけですが
MMO、FF11の世界ではそれがないんですよ。銀行がない。
で、店から無限に金が吐き出される仕組みなんです。

この状態で、RMT目当ての連中が押し寄せてくると、
そういうレンチュは、凄い勢いで店から貨幣を引き出そうとするので
貨幣が出回りすぎて、インフレが経済を直撃するんですね。



解決策は、まぁ、そうないんですが、
どうやって、マネーサプライをコントロールするかになります。
中央銀行が金利を上下させる事によって、市中に出回る金の量をコントロールするように。

例えば、現実の世界では、中央が金利をあげて
たとえば預金の利子が年率1%から8%に上がると
1000万円の預金があったら、一年で80万円つくわけです。
何もしないでも。


そうすると、みんなお金を使わず、貯金するようになる。
こうなると、市中に出回る金の量が減ります。

すると、貨幣の増加によって起こったインフレは、
逆の傾向に、つまりデフレに変わるんですね。
貨幣不足は、デフレになりますから。


これと同じ仕組みが、どうしても必要になる。
なんとかして、貨幣が自動的に消滅し、かつ何らかの形で
市中に出回る貨幣の量をコントロールする手段が必要になる。

FF11で一番、これで手っ取り早いのは、
貨幣の単位をギルからクリスタルへ変えてしまうことではないかと
思うわけです。


FF11では、合成という形でプレイヤーがアイテムをつくるわけですが
その際に必ず、敵がおとすアイテムであるクリスタルが必要になります。
そして、クリスタルは合成すると消えます。


これが貨幣として流通するならば、非常に都合がいい。

まず、運営側は、アイテムドロップ率をいじれる。
結果、市中に出回るクリスタルの量をコントロールできる。
次に、クリスタルは合成に使われることで、時間がたつと消えていく。


ギルからクリスタルへと貨幣単位を変えることで
マネーサプライと貨幣の消滅の二点を使えるようになるわけです。
経済の中で運営側は。

クリスタルが足りなければ、ドロップ率を上げて
市場内に流し込めばいいし、逆に多すぎになったら
ドロップ率を下げてしまえば、どんどん減っていく。

これによって、経済の調整能力を運営側が握れるわけですよ。
なかなか、都合のいい貨幣単位だと思うわけですが、どうでしょ?

インフレが止まらない経済は明らかにまずいです。
だから、ぶっちゃけ、もう貨幣単位を変えなければまずいところまで
きているんるんじゃないかと、あのゲームは。

あと、結局、合成で使う量だけじゃダメだし、ドロップ率いじっても
タリンかもしれない。結局、銀行作って、定期預金とかを作り
市中に出回る貨幣の量をコントロールするしかないか。

2005年10月16日

ゲームやってて言われたこと

ゲームしている時も仕事している時も
エロサイト見てるときも
不平一つ言わず、付き合ってくれるパソコンが
彼女だったら、みんな幸せになれるのに。

なんて事をオンラインゲームしてて、
チャットでほざいてみたら

「お前、パソコンに名前つけてないだろうな?」

といわれた。

いや、パソコンに名前はつけてないよ。
いや、本当に。



本当だってば。

だから慰めるな、お前等。

2005年10月06日

2ちゃんねるキャラクターでポーカー

PokerFaceDown

ぎこ、しぃ、もららーとプレーヤーの4人で卓を囲んで
ポーカー。

キャラが非常に可愛いいので、結構楽しめる。
ネットでゲーム探すと、最近は結構面白いのが沢山あって
いい暇つぶしになる。

2005年10月05日

ハードボイルド刑事

ハードボイルド刑事

MLで回ってきたオンライン脱出ゲーム。
クリヤー順位を競うものだったが(自己申告制)


ク リ ヤ ー で き ま せ ん で し た。


ムズカシス・・・・・
へたれなので、グーグル先生に教えてもらいました。
あーあ・・・・

2005年10月04日

オンラインゲームにおける魔法のシステムを考える

本日最後の話は、実にマニアックな話題。

ゲームにおける魔法システムである。


ファンタジーゲーム、いわゆるRPGやら
ファンタジー小説においては、魔法が非常に重要な位置付けとなる。
これは、少年漫画における、主人公の特殊能力と
同じくらい大切だ。


今まで、超能力から魔法という超自然的な力は、沢山
生み出されたが、上手くいったゲーム、小説、漫画では
必ず、それにあるものをかけた。

それは、超自然的な力でありながら、
それが常に、何らかの欠点、限界をもつという点である。

続きを読む

2005年10月02日

ファンタジーアースのβに応募したよ

ファンタジーアースβテスト参加者募集中

スクエ二の新しいオンラインゲーム
「ファンタジーアース」のβテストに応募しました。


ただでオンラインゲームやれるんだから、応募しない手はなし。

しかし、ウォーリアクラス♀の鎧はアレですな。
アレがグラマーボデーなんでしょうか。
グラマーというよりもう牛といったほうがいいじゃないでしょうか。
それとも、あれが、胸部装甲なんでしょうか。

2005年09月27日

WoWで発生したオンラインゲームの疫病の説明とか

オンラインゲーム空間で想定外の「疫病」が猛威

まさか、Curse of Hakkar、別名Zul'Gurub出血熱の話が
日本の記事になるとは思わんかった。

これ、結構面白い騒ぎだった。

これのちょっと詳しい説明をしておくと
インスタンスダンジョンのボスである
ハッカー ザ ソウルフレイヤーって奴の呪文
「Curse of Hakkar」が原因だった。

続きを読む

2005年08月22日

オンラインゲームで知り合ったアメリカ人の日本ゲーム・アニメ

日本だと、右肩下がり絶好調の日本アニメ・ゲーム産業。

それ自体は質低下というよりも
子供という最大のターゲットが減ってるから、
しょうがないんですけどね。


話がそれたーーーーーーーーー

アメリカ人のアニメの話を始めます。

続きを読む

2005年08月11日

2005年07月15日

日米、日韓、日中に見るパクリの考察

食肉系・さん経由で知ってしまった。笑ってしまった。




中国のFF11 パクリゲーム


今から10年から20年ほど前は、欧米からパクリの帝国と存ばれた日本。
モノ真似、猿真似しかできない非創造的な国と存ばれた国民。

手塚治虫の絵柄はディズニーのパクリと存ばれ
日本の漫画やアニメなんて、アメリカの作品の二番煎じ、3番煎じばっかだった
時代もありました。まー、今もそうですが。
電子機器から車にいたるまで、物真似ばっかと存ばれた時代もありました。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。