このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年04月22日

孫正義の事

「際立つYahoo!検索のシェアは日本独特の現象」NetRatings萩原社長

この記事を読んで、日本に孫正義がいなかったら、全く別の状況になっていただろうなぁと思った。彼がいなかったら、全く別の状況になっていただろうと思う。


この10年で、孫正義と日本ヤフーがやった事には、3つの偉業があると思う。


まず一つは、DSL革命で日本のブロードバンド化を進め、世界最高のブロードバンドインフラを整える状況を作り出したこと。


二つ目は、eBayが日本に上陸する前に、ヤフーオークションでシェアを取り、eBayの日本上陸を阻止したこと。


三つ目は、記事にもある通り、検索で圧倒的なシェアを握り、日本検索連動型広告市場においても、確固たるポジションを築いたこと。海外市場で圧倒的なシェアをもつグーグルに対抗できるだけのシェアを日本でもつことに成功したこと。



孫正義がいなかったら、我々は、オークションはeBayになっていて、検索は、Googleで、未だに、ナローでネットをしていたかもしれない。


ここ10年の日本のネット事情で、孫正義と日本ヤフーが果たした役目は本当に大きい。一時期は、金融ペテン師なんて呼ばれたりもしたが、ここ10年で孫正義が果たした役割というのは、もっと評価されてもいいと思う。

posted by pal at 17:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月20日

分散か集中か

疎結合の時代



弾さんとこのエントリ読んで思ったことなど。続きを読む
posted by pal at 22:59 | Comment(3) | TrackBack(2) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

TagClikはじめますた。

TagClik


あったら便利だなーと思っていた自分のブログに勝手にタグがつけられる機能です。結構使いやすい。まだ、ブログの記事に全部タグ付けはしてないのですが、少しづつやってきますので、ちょっとお待ちを。


続きを読む
posted by pal at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月19日

wikipediaのこと

Wikipediaの実力


五号館さんのブログから。アイザック・アシモフが、自分のことを「どこへ行くにもエンサイクロペディア・ブリタニカを担いでいく男」なんて作品内で風刺したことがあったが、ブリタニカに載るってのは、名誉なことである。


ただ、結局、それはブリタニカが読まれて、使われている限りで、使われなくなったら、そこで終わりでもある。


続きを読む
posted by pal at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月18日

ゲーム業界の低コスト化@UIEngineとわんわんワールド

ちょっと前、中嶋さんのブログで

UIEngine で AJAX な RPG ゲーム


という記事があって、強く惹かれた。

どの部分に強く惹かれたかというと、プログラマーでなくても
ゲームが作れるという点である。

続きを読む
posted by pal at 01:21 | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月17日

リアリズム文学とファンタジー文学

解剖男あらわる


弾さんのエントリ読んで、思ったことなんだけど、これからは、リアリズム文学は廃れていくだろうなーってこと。元々、ノンフィクが一杯出ている昨今ではリアリズム文学の価値は相対的に低くなってきているし、ブログや2ちゃんねるなんかで、リアルで生々しい話(ネタも相当量あるだろうけど)が垂れ流されている以上、リアリズム系文学はもう終わりだろうと思う。


続きを読む
posted by pal at 22:49 | Comment(1) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月15日

書評「ウェブ進化論」と「グーグル Google」。そしてメディアビジネスの競争構造の変化。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


グーグル Google 既存のビジネスを破壊する


まだ、発売前だが、著者の佐々木さんから上記の
「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」を
頂いたので、書評を上げさせていただく。

発売前だがメールのほうで、読み次第、書評を上げさせて頂きますと約束したし、実際に、エキサイティングな本で、書評としつつ、今後のメディア産業についての自分的な考えの整理もしてしまおうと思う。

はてBでも話題になったdanさんの

すべてを一度懐疑していく

もあわせて、読んでいただくと、この二つの本、「ウェブ進化論」と「グーグル Google」に興味をもっていただけるのではないかと思う。


この二つの本は、あわせて読んだほうがいい。特に、今度のメディアビジネス、あるいは広告と関係する方には是非ともお奨めする。広告を作る人にも、自分で広告を出したいという人にも是非読んで欲しい。


今回のコラムでは、二つの書籍の書評を同時にする、というか比較しながら読んだので、これらの書籍を読んで、僕が考えたこと、そして日ごろから考えていることを扱うので、正確には書評ではないかもしれないが、これら二つの本がなければ、描かなかったエントリなので、やはり書評という形を題名にいれた。


続きを読む
posted by pal at 23:18 | Comment(8) | TrackBack(25) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月12日

「グーグル Google」 既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚著

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50452845.html


danさんとこ経由。

hotwiredでも連載してた佐々木さんが本出すらしい。


内容は読んでないんだけど、danさんが言っているように本を売る際に、


これが販売戦略ともなると、さらに文春新書編集部はいただけない。冒頭に述べた、本書の奥付の第一刷発行日は2006年4月20日。通常その1ヶ月前には販売準備完了となっているのが通例なのに、4月12日現在でもAmazonをはじめとするオンライン書店にいまだに掲載がないというのは、昨今ではかなり痛いポカである。対して「ウェブ進化論」は梅田氏のblogでも販売前からかなり宣伝しており、順調なスタートダッシュを切る事ができた。本書はその遅れを挽回できるだろうか?人ごとながら少し心配である。



これは致命的。
何でかってーと、最近みたいに、新書が増えている状況では
本を棚においてもらえる期間は、すごく短い。
売れない本は、すぐ突っ返される。

だから、新書とかで本を出したら、3ヶ月の間が勝負で、その間に
売って売って売りまくらないといけない。

その間しか、本屋の棚でいい場所はとれないからだ。
あとは、隅の人目につかない場所に追いやられるか返品されるだけ。


続きを読む
posted by pal at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(5) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月11日

単純系と複雑系

漫画の絵の話なんだけど、先日、
ちょっとしたDBのパロ描いたわけだけど、

http://blogpal.seesaa.net/article/16365847.html

やはり、DBの絵のシンプルな美しさには惹かれるものがある。


シンプルな絵ってのは、一コマ内の線が少なくて、
しかも、見せる絵。

これ、バリバリに線を書き込んだり、
トーンを張り込む系の作品である
バスタード、アキラ、ベルセルクなんかと同じくらい、実は難しい。

シンプルさを追求した上で、美しく見せるってのは
技術ではなく、感性的なものもあるので、技術的に
難しいというのは正確ではないかもしれないけど、そういうもの。


ただ、一回、自分の絵として確立できれば、
シンプルで美しい絵は量産が効くため、漫画絵としては
理想的といっていい。


まぁ、なんというか、そういう方向の絵が描けるのが
理想的だよなぁ、という話。

シンプルな美しさの追及というのは
やはり、漫画絵が追求すべきことだと思うんだよね。
posted by pal at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2006年04月08日

メタとしてのブロガー

故あって、今、色んなブロガーのメタを調べています。

いや、メタというのが正確かどうかは
わからないけれど、とにかく、知りたいのは
他人が見ているブロガーとは、どういう姿なのかというところです。

続きを読む
posted by pal at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。