このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年10月18日

LDにも、ipod放送局のニュース

メディアエンジン、世界初iPod向けの放送局を開局

LDにもきた。

やっぱ、囲い込みをやってたんだなーってのが第一印象。
いきなり100チャンネルで広告料スタイル。

アップルに売り込みを始める製作プロダクションが
これから増えるかもね。

ハコフグマンさんは、この波に対してどう出るんだろうか。


posted by pal at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

皆様のNHKは終った

NHK教育テレビ 中学生日記 「恋に燃え、アニメに萌え」


すごいよNHK。

つーかさ、これ再放送するよりも
ポッドキャストが定番化したら、300円でいつねストアーで
売っちゃえばいいのにね。

多分、1万くらい楽勝で売れるぞ。
僕も買う。300円出して喜んで買う。

posted by pal at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月16日

LDとホリエモンの未来

本日は、時代のトリックスター(かんべえ先生風)、
ホリエモンの話題。

ビジョンが見えないとかいろいろと言われるが、
まさか、商売に関わる話を全部ホリエモンが
するわけもなし。

続きを読む
posted by pal at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月15日

R30さんに全部書かれたのでぶっちゃける

Video iPodに勝つためには何をすればいいか。

うげ、考えていた事全部書かれた ウワァ━━━ヽ((`Д´))ノ━━━ン!!!

・・・だからアルファなんだろうけどさウワァ――。゚(゚´Д`゚)゚。――ン!!
すごいなぁ。こんな短期間でここまで考えをまとめれるなんて。
とてもあそこまでは煮詰めれなかったyp

R30さんの記事の後半の、yahooBB戦略しか、現状、
アップルの大攻勢に日本企業が逆転する方法がないのよね。

ビデオipodの先にあるコンテンツの囲い込み戦略や
ituneによるチャネルの独占戦略を覆すには、
こちらもティムコから血の涙流すくらいの勢いで
戦うしかない。

では、どうするべきか?

続きを読む
posted by pal at 14:28 | Comment(5) | TrackBack(1) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月14日

次なるIT業界の覇者はキングオブキングスとなるのか

米Microsoftが社会風刺アニメの米JibJabと独占的配信契約,オンライン広告も視野に

Google、テレビ事業の責任者募集


「通信と放送の融合」、「新聞を殺します」
なんて言葉は、ホリエモンが
最初に言い出したんだっけ。

既存メディアがふざけんなとか、TVは絶対無くならないとか
色々と批判されたが、残念ながら、IT業界の3大プレーヤー
アップル、マイクロソフト、グーグルは、本気でやる気だと
思う。

続きを読む
posted by pal at 16:29 | Comment(6) | TrackBack(2) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

googleデスクトップ2

googleデスクトップ2

便利になったなぁ(しみじみ)

目玉の機能はやっぱり、グーグルが勝手にニュースを
集めてきてくれる所。


なーんたって凄いですよ。
自分が巡っているニュースサイトから勝手に個人の
好みを特定してニュースを運んできてくれるわけです。

本日はipod関連を調べすぎたせいか
ipod関連のニュースばかりもってきやがります。

posted by pal at 03:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月12日

既存のメディアと新しいメディア

市民ジャーナリズムの普及で起こるメディア革新--ダン・ギルモア氏

上記の記事を読んで思ったこと。

新しい分野で仕事ができるのではないか、私の持つ従来のジャーナリズムのスキルを新しい分野に生かせるのではないかと思い、10年後に今を振り返って、このチャンスを生かさなかったことを後悔したくなかったのです。


これは正しいと思う。
マーケティング的にも正しい。
市民ジャーナリズムの勃興は記事と編集のコモディティ化を
もたらす。記事がブログのせいで一日に新聞の情報
1年分以上のペースで増えつづける以上は、記事を書く人
編集する人が利益をあげるチャンスはどんどんなくなる。

なので、「戦う人に弾丸売る作戦」、つまり
自分のスキルを売り物にする方法論は全く正しいと思う。


 続きを読む
posted by pal at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月11日

電子ペーパー戦略メモ

電子ペーパーの今後とか書いてみます。


まず、電子ペーパーは、各社がしのぎを削っている。

これは、電子書籍などを爆発的に普及させる可能性を
もつだけでなく、現在のプリンタ事業を丸ごとぶっ潰す可能性を
もつからである。

当たり前だが、プリンタとはPCに保存された画像、文書を
紙に保存するサービスである。しかしながら、電子ペーパーが
あれば、わざわざプリントする必要はどこにもない。
ダウンロードさせればそれですむのである。

電子ペーパーの普及度次第で、既存の紙事業は大幅に
縮小させられるだろう。
極端な話だが、既存メディアの
紙の宅配サービス、印刷事業などは
縮小させたほうがいい。
電子ペーパーにやられる可能性が高いからだ。
切り離しできる体性を整えておくべきである。

続きを読む
posted by pal at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月09日

自分向けメモ@メディアビジネスとイノベーションへの解

既存のメディア、特にニュース媒体は
限界に達しつつある。

結局、今まで、記者と編集者を内部に抱える
特化型企業であった雑誌や新聞は、そのビジネスモデルを
変えざるを得ない。

で、イノベーションのジレンマで
どの段階にあるかっていうと
「メディアリテラシー」って言葉が
叫ばれ始めたが、
もう記事の良さが、読者にとって、どれがいいのか
悪いのかわからない段階に達しつつある。

「顧客に製品の良し悪しを評価させる」のは
製品が行き過ぎている場合が多い。

顧客は、良い悪いでなく、自分に役立つかどうかで
買うわけで、メディアリテラシーは二の次、
三の次くらい。自分に役立てばそれでいいわけで
それ以上の性能は要求しない。メディアリテラシー
をもってまで、性能評価しろというのは無意味な
問いかけ。

続きを読む
posted by pal at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。