このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年10月15日

ブログ巡回からみる男女セックス考

本日の御題はセックスである。

といっても、僕のセックスの話をするつもりもないし、
面白い話題も僕の中には特にない。


続きを読む


posted by pal at 21:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

時事ニュース

村上氏 ダンカンと激論


渡辺会長 新たな球界再編を“予告”


楽天がTBS筆頭株主に 経営統合持ちかける


香ばしいニュースが入ってきております。
村上さんが出てたTVなんて見てないので
知らなかったんですが、ダンカンと激論したとか。

上場して、ファンに株を売っても
他の人に買い占められたらアウツってのはその通り。

ただね、阪神タイガースを
愛するファンの人には申し訳ないが
本当に大阪のチームだってんなら、そろそろ企業名外して
大阪タイガースでいいでしょ。

続きを読む
posted by pal at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

さて、そろそろ三洋電機の株でも買うか?

三洋電機、白物家電や半導体縮小・三洋クレ株も一部売却

ソニー・ストリンガー先生の次回作にご期待下さい! 応援、ありがとうございました!


さてさて、お家騒動勃発中の上、もうどうしようもない負債総額、
営業赤字まっただ中の三洋電機。


事業計画はこちらでみれる。

バカにされっぱなしのジャーナリストあがりの
ともよCEOだが、僕にはそれなりに筋の通ったプランに見える。

続きを読む
posted by pal at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月13日

薔薇の育て方

世間知らずさんが、誕生日という事なので
ケーキと薔薇を差し上げました。


ケーキ
cake.gif


薔薇

月間薔薇族ホームページ



>飾っておいたら何日くらいもちますかねぇ???
>こっそり母にすてられたりしないですよね???

と聞かれたのでせっかくですので管理方法を
伝授します。


続きを読む
posted by pal at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月10日

TB返しをしようとおもったら

あまりに本数が大杉になって中途挫折・・・・・

こういうのはこまめにやらんとダメだ・・・・・

シーサー重すぎ・・・
TB下さった皆様、申し訳ない。
posted by pal at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

また自作自演か

avexに対する犯罪予告をした者です。


つづき→


どうせ、また自作自演だとは思うが、
本当だったらどうしましょう、旦那様。
posted by pal at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

怖くてトイレにいけない話

女の醜さを感じた瞬間@生活全般

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル





そーいや、愚痴ってくる女性に忠告して
いい方向に向かったことはないな。

経験則だと100%、本当のこといったら
怒り出す、あるいは嫌われる。

といっても愚痴聞いていると、
大抵、聞いてくれる相手に格上げされて
気が滅入るばっかりの愚痴を周期的に聞かされる
事になるわけで。

これ、精神衛生上、非常に悪い。
posted by pal at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月07日

本日のネタ

WS000142.JPG

前の記事で紹介したポーカーやってたら
こんな瞬間に出くわした。
奇跡的画像。


女性向けのロマンチックな小説が読みたいので、オススメを教えてください。

女性向けのロマンチックな小説かぁ。
古典だと「ゼンダ城の虜」と「風と共に去りぬ」、「アンナ・カレニーナ」
「源氏物語」かな、僕の推薦だと。

男性作家が、ロマンス描けない理由は、一重に
女性心理の描写ができないからで、
その意味で、女性心理を知り尽くしているというか
自分を投影すればいい女性作家というのは羨ましい。

男性作家が、ここでやる手だと、「普通じゃない」女性の
心理描写を行うことで、男性作家が使う女性キャラってのは
ぶっ飛んだのがどうしても多くなる。

といっても、心理描写しなきゃいいだけなんだけども。

でも女性作家も、結局、女性なので
男性の心理描写は苦手なんだよね。

その意味で、「風と共に去りぬ」のレット・バトラーは
凄い。女性作家にあんな男性を書く事ができるなんて
信じられないものがある。

「風と共に去りぬ」の主人公スカーレット・オハラは
男性的な部分を多くもつヒロインなので、
マーガレット・ミッチェルは、そういう意味で
男性的な女性だったのかもしれない。

しかし、処女作で、あんな凄い小説を書くなんて
本当に信じられない。僕にとっては永遠の謎の作家でもある。
あの人は。


キミがどんな男か知るために


あー、これねー、これねー・・・・・・・・・

彼氏の真実の姿を知りたい女性の貴方。
これを行えば、男性の全てを知る事ができますよ。
というか、男の弱みを握りたいなら
これで一発。

もう、一生奴隷にできます。
最も、知らないほうがいいことも多いですけど。

え、僕?

やられたら10年ほどインドに修行に行きます。
posted by pal at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

2005年10月06日

本が届いた

「イノベーションのジレンマ」と
「イノベーションへの解」が届いたので読んで升。

なーんか、読めば読むほど
ソニーがイノベーションのジレンマのドツボに
はまっているように感じます。

クリステンセン教授によると
中核事業が成熟した後に成長の基盤を築こうとして、
新しい分野への投資戦略を行う企業は非常に多いようです。

ソニーも、中核事業が成熟した後で、
新たな成長の基盤を築こうとして色んな分野へ
投資したんですよね。

ただし、こうした試みは、非常に良く似たパターンを辿るらしく
中核事業が成熟に向い、投資家が新たな成長を要求すると、
経営陣は一見、意味ある成長戦略を編み出すようで。

だが、彼らの計画では積極投資を行っても必要な成長を生み出せない。

やがて、投資家は、その企業を見限り
株価が下落し、経営陣は更迭され、新しい経営陣が
以前の状態を取り戻す。

つまり、成長は鈍いが収益性は高い本業に回帰する。


これ、まんまソニー状態です。
ストリンガーさんの計画は、イノベーターのジレンマで
予期された企業が取る行動のまんま。

しょうがないんですけどね。

あーあ、やっぱソニーはダメなのか。

posted by pal at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。