このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年11月10日

おっぱいとは何か

本日のテーマは、「おっぱい」。

最近、はてなの人力でこんな質問をよんで思うのだが、


付き合うとしたらどっち?




ネットを俯瞰し、男性の意見を集約していくと
おっぱいとルックスとは、別モノではないようだ。

女性の戦闘力は太めとか細めとかの
問題ではないように思う。

僕が見たところ、交配市場における
女性の市場価値は
おっぱい×ルックスで決定されてしまう事が
かなりある。


条件付き念能力と同じく、これが
合わさると、その破壊力は桁違いに
上がると考えるべきではなかろうか。

優香や井上和香や眞鍋かをりが、貧乳だったら
あそこまで人気は出ないと思われる。

女性の戦闘力はおっぱいによって
倍増されると解釈したほうが無難だ。

2ちゃんの高橋留美子祭りを思い出す。

高橋先生は、ルックス的には、はぁはぁ要素がないのだが
ある時、2ちゃんで

「高橋留美子はラムちゃんよりグラマーボディー」

という書き込みがあった。

スレは興奮のるつぼと化し、猛り狂った住人達の
画像UPの大合唱が始まった。

やがて、有志が、高橋留美子の旅行先の写真を
スレに貼り付けた。

赤ビキニ。

凄い。グラマーすぎる。グラビア女優やラムちゃんと
タメをはれる。

次の瞬間、スレは2chでも伝説となる
「留美子たんハァハァ祭り」
へと突入したのだった。

おっぱいとは、大自然の生み出した究極の様式美であり
神が人類の半分に与えた最高の贈り物。

無論、女性の市場価値がおっぱいとルックスに
よってのみ決定されるとは言えない。

しかしながら、この二つは、ある種の男性を
陥落させる強力無比な兵器であることは
間違いないと言えるだろ。


ルックス×おっぱいを制するものは
世界を制しうる力を手中にしたも同然
といえるかもしれない。

おっぱいとルックスは
女性の戦闘力を掛け算的に上げる要素なのだろう。


で、何が言いたいのかというと、だ。

僕がロリコンがきらいなのは、生理的問題ではなく
哲学に基づいたモノだってこった。

わかってくれ、B。

これは、純粋に信念の問題なのである。




posted by pal at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。