このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年11月08日

CCCが動いた

デジタルハリウッド、CCCの傘下に

やっと動いたって感じ。

CCCのホームページ


まぁ、もう動かざるを得ないでしょうね。
VOD主体になったらTUTAYAは真っ先にやられる。

とうか、業績見ていると、悪化し始めているのが見て取れるわけです。

ネットの影響かは、詳しくはわからないけど
ビデオipod、HDRのせいで、
レンタルビデオが死ぬ可能性があまりに高い。

というわけで、デジタル時代になった時の
成長事業早急にもつ必要があった。

それで、ネット構築最大手のアイ・エム・ジェイ
IT専門人材派遣のデジタルスケープ、
IT専門学校を運営するデジタルハリウッドを
傘下におさめたんでしょう。

コンテンツを売るのでなく、コンテンツを作る人を売るという
形に特化するつもりなんでしょうね。

動きの遅い出版社とかTV局よりは、ずっと早いですねー。

既存メディアのデジタル化が始まったら
TV局や出版社、本屋、ブックオフ、レンタルビデオ屋は
いずれやられる。

ホント、どーするつもりなんだろ。




posted by pal at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。