このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2008年03月03日

努力しても決して幸せになれない理由

せっかくなんで、この話もしとこう。


というか、ひとつ前のエントリで、就職氷河期の話にのってしまったんで、この話もせずにはいられないんでね。


昨日のエントリを書いた後に、色々とフィードバックを頂いた。それで、考えていたんだけど、結局のところ、一つの結論には達した。


つまり、資本主義は、心の底から、みんなに嫌われている。これほど嫌われている主義思想はないという結論だ。


前回のエントリでは、資本主義の非人道性について書いた。その性質上、「誰かが負けないといけない」って話と、「群れで一番弱い犬には過酷な運命がつきものだ」って話だ。


確かに、そうなんだ。これは、資本主義がもたらす副作用の一つだ。だが、ちょっともう少し、マクロな視点で世界を眺めてみれば、別の見方が出来る。今日はまず、その話からしてみたい。



http://www.globalrichlist.com/


まずはこのサイトに行って、このサイトで、yenに貴方の年収を打ち込んでもらいたい。そうすると、貴方が全世界で上位何%に入る金持ちかがわかる。


打ち込むのも面倒くさいって人のために、参考までに述べておくけど、年収300万円でも、上位9.44%になる。


たぶん年収三百万円の人は、自分なんて、底辺クラスだと思っていると思う。日本という国でみれば、それは正しいかもしれないけれど、全世界的にみれば、とんでもない金持ちなわけ。これは現実なの。


日本がどれだけ金持ち国家かわかるよね、これで。そして日本人がどれだけ金持ちかも。底辺の労働者ですら、世界の上位10%なわけ。


そもそも、年収10万円でも、TOP 49.22%に入っちゃうの。これが世界の現実。世界の半分くらいの人は、一日2ドル以下で暮らしていて、テレビもなければ水道もなく電気もなく、当然、ネットなんてない暮らしをしているわけ。


明日食べるパンの心配をしていたり、明日どうなるかわからない、そんな人達が世界に30億人くらいいるの。


それと比べれば、日本ってのがいかに富んだ国かわかると思う。この国に生まれたというだけで、我々は勝ち組なわけ。


じゃあ、格差の話に移ろう。ビル・ゲイツの資産はおおよそ10兆円あって、2位のウォーレンバフェットは4兆円くらいある。二人合わせれば14兆円だ。


この資産は、全世界の人口の下位50%の全資産にほぼ匹敵すると言われる。たった二人の人間が、世界の半分の人間が持っている富の量と同じくらいの富を所有しているってわけ。


これをどう思う?


誰だってこう思う。「不公平だ」ってね。


ビル・ゲイツとバフェットの資産を没収して、そして彼らの資産を恵まれない人々に分配すれば、きっと、世界で30億人くらいの人々の生活を改善できるだろう。


ちょいと正確にいえば、14兆円あれば、1日1ドルを10年間、30億人くらいに配ることができる。10年くらい、貧困な人達の暮らしはかなり改善されるだろう。


だが、それが、本当に、この世界から貧困をなくすことに役立つと思う?


もっと言えば、本当に格差が憎くて不平等が許せないというなら、アメリカ人と日本人は稼いだ金をそういう地域におくってあげるべきだ。資本主義に反対し、不平等を許せない人達は、得に。


そういう考え方には、僕は反対はしない。ビル・ゲイツがやろうとしていることにも、反対はしない。ただ、僕は、そういうことをしても、長期的には何の役にも立たない可能性が高いと思っているの。


もうちょっと、範囲を狭めて考えてみよう。日本でもっとも裕福な人々の財産を奪って、それを貧しい人達に配れば、日本から格差が消えて、本当に豊かな暮らしが実現されるだろうか?


僕は、これっぽっちもそうは考えない。


理由は二つある。一つは、経済学的な理由で、もう一つは、人間という生き物の心理に深く根ざした問題だ。


まず、第一に、一つの面白い話をしよう。富を公平にばらまくのは、非常に道徳的なこととされる。ロビンフッドとかネズミ小僧をみればいい。金持ちから盗んだ金を貧乏人に分け与えるのは、洋の東西を問わず、非常に道徳的なこととされているんである。


だが、それを国家規模でやるのは難しい。しかし、金でなくて、資源でならいくつかケースがある。たとえば、石油などの天然資源だ。豊富な天然資源を国有化して、それから得られる利益を平等に分配すれば、ものすごく国民全員が豊かになれるはず・・・・だった。しかし、現実にはそうはいかなかった。


グリーンスパンの自叙伝「波乱の時代」にこんなエピソードが載せられている。下巻の13ページからだ。


天然資源が豊富だと、「オランダ病」と呼ばれる問題をかかえて経済が低迷する危険がある。
(中略)
オランダ病にかかるのは、資源の輸出が好調になり、その国の通貨が高くなる場合である。通貨高になれば、他の輸出産業は競争力が低下する。
(中略)
「10年後、20年後には分かるだろう。石油が我々の破滅の原因になることが」。この言葉は、ベネズエラの石油相で石油輸出機構(OPEC)設立者の一人、ホアン・パブロ・ベレス・アルフォンソが1970年代に語ったものだ。まさに的確な予想であり、この予想通り、OPEC加盟国はほぼすべて、原油で得た富を使って石油と関連製品以外の分野に経済を大幅に多角化することに失敗している。天然資源で得た富は、通貨の価値をゆがめるだけでなく、社会にも悪影響を与える。苦労なく簡単に富が得られると、生産性が伸びにくくなるのだ。



何度も繰り返してきたけど、国民の生産性が伸びれば伸びるほど、その国は豊かになれる。つまり、生産性を高めることは、その国、国家、他の人々への最大の貢献なんである。逆に、生産性が低ければ、その国は貧しく、低い生活水準を享受せざるを得ない。


そして、生産性を上げるために、もっとも効率的な方法は何か?というと、みんなが大嫌いな競争なのだ。勝者と敗者を容赦なくわかつ方法だ。


では、なぜ、競争が生産性をあげるかというと、競争が起こると、各個人は、それぞれ、自身の生産性を高めようとし、結果として専門化と分業という手段を取ることが多いからだ。


実際問題として、日本人の多くは、競争に勝ち抜くために、ある程度の専門知識を身につけようとするし、分業を受け入れている。


専門化と分業は、生産性を押し上げる重要な要素だ。この二つは、競争に晒されると、凄い勢いで推し進められる。



そして、競争による淘汰圧によって、生産性が押し上げられると、結果的にだけど、国が豊かになる。国が豊かになれば、社会的な利益が増大するんである。



現実的な話をすれば、競争に晒され続けた資本主義国は、不思議なことに、繁栄した。物質的な豊かさは上昇した。日本でいえば、底辺と言われる年収300万円クラスでも、PCもってインターネットしている人が多数いる。競争が激しかったのに、日本人の平均年収は伸びて、娯楽は増えて、最底辺の人達まで、最先端のテクノロジーであるPC(途上国からみれば)を使っていたりもする。


それは、社会全体での生産性が伸びたからだ。これこそが、資本主義が繁栄し、勝ち残った理由なんである。


そして、豊富な石油資源がある国々が、繁栄しきれなかった理由でもある。簡単に富が得られるので生産性が伸びにくく、そして、国からの様々な特典を享受できるので、働く意欲が薄くなってしまうのだ。これが石油の呪いと呼ばれるものだ。


グリーンスパンは、これを著書で非常に簡潔な言葉を使って説明している。そして、実際に、それを歴史が裏付けている。世界の富は、ここ100年で増大した。主に資本主義の国々で。そして、乳幼児死亡率は下がり、貧困は減り(必ず敗者を生み出す資本主義なのに)、平均寿命は延び続けて2倍になった(競争が絶え間なく続くのに)。このあたり、詳しく知りたい人は、グリーンスパンの著書を読んでみてくださいな。


グリーンスパンの伝記から、もう一つ引用させていただくが、


アフリカ西海岸近くの小島からなる小国、サントメ・プリンシペの領海内で大規模な油田が発見されたとき、その開発についての反応が複雑だったのも不思議だとは言えない。フラディケ・デメネザス大統領は2003年にこう語った。「私は国民に「オランダ病」「原油価格の不都合な真実」「石油の呪い」と呼ばれるものを避けると約束した。経済統計によれば、原油資源が豊富な開発途上国は資源に恵まれていない国と比較して、GDP成長率があきらかに低い。社会指標をみても、平均を下回っている。サントメ・プリンシペは、この豊富さの逆説を避けるつもりだ」



このように、豊富さの逆説を避けることで、自国を豊かにすると宣言した、大統領の決断は、とても正しいの。長期的にみれば、だけどね。


歴史的にみれば、小国で、経済の規模が小さい国家に豊富な天然資源が見つかると、しばしば、その国家と国民を逆にやっかいな立場に追い込んできた。


で、なんだけど、この話を僕がしたのは、競争がいかに、国家と人々を豊かにするかって話をしたいからなわけなのね。現実的には、競争することで、社会全体の物質的豊かさが上がるの。


もし、貴方が、もっと物質的に豊かになりたいなら、その為に出来る方法は、一つしかない。まじめに競争して生産性をあげること。それが、一番、社会に貢献することだし、結果的に社会全体を豊かにしていくってわけ。


で、ここまでが前振り。


ここまでは、競争して、生産性を上げて、より沢山の財やサービスを個々人が生産できるようになることこそが、物質的に豊かな社会を作る唯一の道だって話をした。ルールに則って競争し、生産性を高めることこそ、社会への最大の奉仕なの。


そして、それこそが資本主義だってこと。物質的に豊かな社会を作ろうとしたら、これほど優れた方法はないの。


けど、だ。


それでも、なお、資本主義は人気がない。


世界の寿命を延ばし続けているのは何だ?答えは資本主義。

世界から貧困を少なくしているのは何だ?答えは資本主義。

世界の生活水準をあげているのは何だ?答えは資本主義。


過去、どんな宗教、思想、哲学、そして体制も成し遂げれなかったことを、資本主義は成し遂げたの。資本主義の300年にわたる歴史で、人類は飛躍的に進歩した。進んだ資本主義国では子供たちは飢えと貧困と過酷な労働から解き放たれた。女性は、信じられないほど地位が上がった。妊娠を自分でコントロールする権利を得て、沢山の財産をつくることも出来るようになった。男性に頼ることなく。


それでも、なお、資本主義は人気がない。大多数の人から嫌われている。なぜだろう?成果だけみれば、過去、どんな時代に生まれたいかなる思想・主義よりも優れた結果を出し続けてきたのに?


答えは、どうやら、人間自身の心理の中にあるようだ。


たとえば、日本の実質GDPは、1960年と2008年を比較すると、およそ6倍に増えている。これは、日本人の生産性がそれだけ高まったからなんだけど、じゃあ、日本人の満足感、幸福度は、6倍になっただろうか?


たぶん、そうでもない。というか、絶対にそんなことはない。むしろ、昔はよかったなんて回顧する人のが多いかもしれないくらいだ。


なぜ、物質的豊かさがあがっても、日本人は、それと同じペースで幸福になれないんだろう?なぜ、日本人は、世界でもっとも豊かな人々の範疇に入るのに、こんなにも不幸だ不幸だと騒ぐ人が多いんだろう?


どうも、その答えは、人間の、とある心理に根ざしているようだ。


現在の先進国の若者にとって、将来の経済的安定性というのは、どうやら、過去の存在となっており、暗黙の必要条件は、世間の注目をひくことによって得られる「自己満足の追求」になっている、という指摘をどこかの本で読んだ。


グリーンスパンも、ここが問題だと述べている。ちと引用するけど、



繁栄が広がれば、あるいは繁栄が広がるからこそ、猛烈な競争や変化によって、自尊心の源泉である現在の地位が脅かされるのを恐れる人が多くなる。幸福度は、物資的な豊かさそのものよりも、対等だと思える周囲の人や同僚や目標とする人の豊かさと比べてどうか、といったことにはるかに大きく左右される。



つまり、だけど、幸福度は、かなりの部分で、相対的なものだということだ。衣食住の心配について、先進国の人々は、かなり心配しないですむ。少なくとも、途上国の人々みたいに、明日のパンの心配をして眠るようなことはない。


つまり、衣食住が満たされてしまうと、幸福度は、他者との相対的な差異によって規定されるってことだ。グリーンスパンは、もう一つ、面白い話をしている。


ハーバードの大学院生に、自分の年収が5万ドルで、同僚の年収がその半分の場合と、自分の年収が10万ドルで、同僚の年収がその倍の場合、どちらが幸せかと聞いたところ、大多数が前者を選んだという。この逸話を最初に読んだ時は一笑に付した。だが、奥底に眠っていた記憶が蘇った。ドロシー・ブレイディとローズ・フリードマンが行った1947年の興味深い研究である。



ハーバードの大学院生だから、さぞ、みんな合理的だと思うかもしれない。だが、この逸話が本当だとすると、彼らは、合理的であるというより、人間的なようだ。つまり、絶対的な富の量でなく、他者との相対的な差異によって、自分の幸福度を決めているんである。


その後の、彼の話も耳を傾ける価値がある。


「データが示すように、人間は誰しも他人の収入がどれだけあり、どれだけ使っているか気になるものなのだ。たとえ友達であっても、序列を競うライバルでもある。」


これは、大抵のひとが、同意してくれると思う。


「国の経済が発展し、所得が上昇するに従い、個人は目に見えて幸福になり、ストレスを感じなくなるものだし、富裕層は、所得階層の低い世帯に比べて、おおむね幸せであることは、調査によって示されている。」



これも事実。大抵の場合、所得が多い方が幸せであると言える。だから、生活水準は重要なのだ。





「だが、人間の心理では、生活水準が上昇したことによる当初の喜びは、贅沢が地位に見合うようになると、たちまち消えるものだ。新たな水準がすぐに「普通」だと認識されるようになる。充足感は、一時的なものなのだ。」




しかし、それでもなお、努力して競争し、生活水準をあげ、最後には富を得ても、やっぱり幸せには必ずしもなれないのは、どうやら、このせいのようだ。つまり、喜びは永続せず、新たな水準が普通になってしまうのだ・・・・。



今の我々が、世界でもっとも、豊かな国に住み、高い生活水準を誇り、充実したインフラに囲まれて生きているのに、幸せになれないのは、ある意味では、このせいなのだ。


つまり、幸福が相対化してしまっている。誰かと比べることによって、幸福の大きな部分が規定されてしまうのだ。勝ち組、負け組なんて表現はその典型で、誰かと比べることによって、その人が幸せかどうかが決まってしまう。


つまり、だが、自分より「劣った人々」が沢山いないと、その人は幸せを実感できにくくなっているんじゃないかってこと。


考えるだけでおぞましいけど、でも、どうも、それが真実のような気がするわけ。


だから、資本主義は嫌われる。なぜなら、それは敗者を生み出すからだ。そして、現状、どうも、先進国の人々は、相対的にしか幸福を感じられない世界にいる。


つまり、自分よりおとった人々がいないと、幸福を感じられないという悪夢のような精神世界にいるんじゃないかってこと。そして、相対的な敗者になると、とても不幸に感じるマインドを発達させているらしい。たとえ、先進国に生まれたとしても。


これが、努力をしても決して幸せになれない理由じゃないかって話。


幸福が相対化した結果、自分より「劣った人」がいないと幸福を感じられないという素晴らしい物差しで幸福が決定されるようになった。


である以上、重要なのは努力じゃないんだ。


多くの場合、人が幸福になれるどうかは、周りに貴方より相対的に劣った人がどれだけいるかで決定されるんだ。


貴方の周りに貴方より優れた人しかいない場合、貴方は不幸せになり、劣った人間しかいなければ、貴方は幸福になれるってわけ。


そんなおぞましい話。もっとも、これはグリーンスパンによれば、ソーンスタイン・ベブレンって人が1899年に「有閑階級の理論」って中で似たような話を書いてたらしいけど。個人の財やサービスの購入は、「隣人に負けないように見栄をはる」ことと結びついているってね。


まぁ、適当な話なんで、あんまし鵜呑みにはしないでください。


とはいえ、アラン・グリーンスパンの「波乱の時代」は本当に面白くて勉強になるので、是非とも読んで欲しい本。今日書いた話なんて、グリーンスパンの受け売りがほとんどです。ようするに書評的あさましともいいますが。

でも、ほんとに、自叙伝という域を超えて、経済学の初歩的な教科書として、また金利について勉強できる本としても使えるくらい、いい本なんです。考えさせられることも多いと思う。是非、読んでみてください。






posted by pal at 03:35 | Comment(39) | TrackBack(20) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
石油の呪いというのは高額の宝くじに当たった人が、その後、ロクでもない人生で破滅してしまうことが多いという説を彷彿とさせますね。
ハーバードの大学院生の話は戦慄したね。下手なホラーよりも怖い話だけど、たしかに事実だと思う。
Posted by おやじです at 2008年03月03日 13:36
s/専門家/専門化/
では?
Posted by at 2008年03月03日 13:37
なぜ資本主義が正しいのか?
それは資本主義が正しいからだ。

要約するとこうですね。

それと
>これほど嫌われている主義思想はないという結論だ。
資本主義は主義でも思想でもありませんよ。
これ、誤訳がそのまま流通してんです。
Posted by そうですか at 2008年03月03日 13:56
幸福が相対化しているのはわかります。
ただ、一度でも生活レベルが落ちて、這い上がる苦労を少しでも経験すれば、衣食住が安定することの幸福は感じれると思います。
あたりまえにあるものがなくなる経験は自分がどれだけで足りるかを知る良い機会です。
他人との優劣で幸福を計るのは、負ける恐怖を知らない人だと思います。
だからこそ、挑戦し続け競争するのでしょう。
Posted by コピ助 at 2008年03月03日 15:35
年収300万って底辺なんですか?ちょっと納得いきませんね。
Posted by fusiana at 2008年03月03日 17:29
そもそも物価とかを考慮せずに単純に年収で話そうとするから変になる
変になるっていうか詭弁を重ねてるように見えちゃう

幸せになれない理由なんてもっと単純ですよ
おっしゃってることで置き換えれば
「努力云々で覆されたくない人々が上のほうで邪魔してるから」
そんだけっす
Posted by gg at 2008年03月03日 23:19

>世界の寿命を延ばし続けているのは何だ?答えは資本主義。
>世界から貧困を少なくしているのは何だ?答えは資本主義。
>世界の生活水準をあげているのは何だ?答えは資本主義。

これを見ると世界を良くしているのは資本主義だけのようみ見えるが、果たしてそうでしょうか。

>進んだ資本主義国では子供たちは飢えと貧困と過酷な労働から解き放たれた。女性は、信じられないほど地位が上がった。

なぜ19世紀に社会主義や共産主義が台頭したのかよく考えてみて下さい。女工哀史の時代を思い浮かべて下さい。
そして社会主義や共産主義が出現しなかった世界についても想像してみて下さい。

資源のない資本主義国はすべて豊かな国でしょうか。

最近は社会の発展に酔いしれて歴史を忘れる輩が多いような気がします。

資本主義は確かに有効な面はあるけど、資本主義しかない国に住みたいと思う人はどれだけいるでしょうか。

「銃・病原菌・鉄」を読まれることをお勧めします。
Posted by うんこ知新 at 2008年03月03日 23:43
>>多くの場合、人が幸福になれるどうかは、
>>周りに貴方より相対的に劣った人がどれ
>>だけいるかで決定されるんだ。

まさにそのとおりで、自分の物差しを持てるかどうかで幸せって変わってきますよね。

>>なぜ、物質的豊かさがあがっても、日本
>>人は、それと同じペースで幸福になれな
>>いんだろう?なぜ、日本人は、世界でも
>>っとも豊かな人々の範疇に入るのに、こ
>>んなにも不幸だ不幸だと騒ぐ人が多いん
>>だろう?

私はこれってチャンスが昔と比較して少なくなってきていることによると思うんです。やっぱり相対的ってことなんだけど。今の人た昔の人と比べて成長のノリシロが少ない。物質の総量じゃなくてその伸び率ってこと。分け前は総量じゃなくて伸びから生まれるから。

松下幸之助と小飼弾と比べてどちらがよりマッチョかってことなんだけど。
Posted by 赤枕十庵 at 2008年03月04日 03:28
ハーバードの学生の例ですが、
Aでは給与の額が自分10万ドル、相手20万ドル
Bでは自分5万ドル 相手2.5万ドル
平均給与はAが15万ドル
Bは3万7500ドル
物価は平均給与に依存しますから
単純にAの物価がBの4倍だとすると
Aで自分の給与が2倍になっても購買力は2分の1に下がります
Bを選ぶのは心理的な優位を望むというよりも
実質的な選択だと思いました。
Posted by モリス at 2008年03月04日 04:36
幸せって、何だと思いますか?
とても抽象的。
ドラマくろさぎで、お金持ちの上品なおばさん役の白川由美さんが、貧乏学生役の後藤まきちゃんにこう言ってました。
幸せって、そんなたいそうな事じゃないのよ。お日様に干した布団が気持ちいいとか、今日のお漬物はおいしいとか、そんなことよ。
50年近く生きてきて、私もそう思います。

グリーンスパンさんのものの見方は、まさにアメリカを代表するような考え方ですね。幸福は、相対的に決まると考えると、確かにそんな面もある。だた、人はそれ以外の面も持っていて、ものさし次第で、その人の幸福感は変わります。どなたかが、書かれてましたが、それに気づくこともまた幸福なのだと思います。
Posted by さらら at 2008年03月04日 08:40
経済力だけで見れば日本はお金持ちかもしれないですけど
生活コストも高いですから決して衣食住の心配がないわけではないですよ
事実 06年の日本の餓死者は56人ですし
(その数倍の人が食うに事欠く生活なのは言うまでもありません)

日本政府は 国内の貧困を認めていないのが現状で
存在しないという理由で調査を行っていないのが現実です
(国際基準による国内相対貧困率は10%を越えています)
だから実態を知らない人も多いわけで
日本だから衣食住の心配はないと考える人も相当数居るのですが
実際にはその保証すらない層がいるわけです
いくら絶対値で上位にいたとしても
日常の暮らしが危機であるならば豊かとは言えないでしょう
いくら世界にはもっとと言われても
目の前の危機には敵いませんし
(ついでに相対的敗者には不幸になるマインドどころか
 自己責任論による総攻撃が待ち受けています
 まさに「自分は敗者じゃない」と確認するための
 おぞましい現象です)

あと 年収300万は底辺どころか中流になるかと
年収100万でも底辺かどうか怪しい時代ですし
本当の最底辺だと5桁あったか無かったかだったと思いますので


もし時間に余裕があるならば「蟹工船」を読んでみて下さい
似たような事が現在でも行われていますから
Posted by 砂月 at 2008年03月05日 01:32
資本主義という言葉を単に競争社会の意味で使っておられるようですが、
これは正しい言葉の用法なのですか?
そこには「資本」の意味がこもっていないのではないでしょうか。
大体、競争社会自体は大昔からあるわけですが、
資本主義は主に近代からといわれています。
Posted by 不透明ランナー at 2008年03月05日 02:33
日本人が資本主義をこけおろすか、経済的成功以外に日本国家の中核となるものや正当性の源泉を持っていないというのに。実にバカらしい、心理?少しは日本人のイデオロギーについて調べたらどうだ、半世紀前に列強に上りあがった大日本帝国の日本人も同じく嘆いていたぞ
Posted by democratized at 2008年03月05日 03:25
経済を論ずること自体が相対的差異を論ずること
努力している自分が好きな人たちに何をいってもしょうがない
Posted by momo at 2008年03月05日 14:26
ゲイツさんらの14兆円を途上困の人々に配っても、昨日まで10円で買えたパンが1000円になるだけで、パンは全員に行き届かない。先進国ODAだって毎年10兆円以上あるんだよ。
貧困の原因はお金じゃなくて、パンの数が足らないから。
60億人が1%の裕福層と同じ生活をしている世界を想像してごらん。それが出来るほど地球は大きくないから、資本主義やら経済と関係なく淘汰は続くんだよ。
それが資本主義の下では途上国という陰惨な淘汰になってしまう。避ける手段はみんな分かってるのにね。
Posted by マイクロダスト at 2008年03月07日 22:36
前提条件がまず間違っている。
現在の日本で格差だの負け組だの言われるのは「1960年の日本」や「貧困国」との比較ではないということだ。
基準に置くのがそこならば、今の日本は「まだ」裕福だ。
ではなぜ今問題視されているかといえば、9年連続で給与が下がっているからだ。年収200万円以下の人が労働者の1/5になったからだ。非正規雇用者が全体の1/3を超えたからだ。そして、その傾向がまだまだ続いているからだ。
落ち目だから問題視されていて、落ち目だから「1960年の日本」や「貧困国」と比較して「”まだ”日本は豊かだ」と言い張らなければならなくなっているわけだ。通貨の価値や現金収入の有無をも無視して、そんな比較をするしかなくなってるわけだ。
Posted by 比較ポイントが at 2008年03月10日 23:59
ただ単に幸福とやらを手に入れたいのなら宗教から麻薬までありとあらゆる手段があります。
そもそも「人間は幸福にならなければならない」という発想自体権力者が勝手に設定したもの。
幸福の真の意味は「その『幸福』が欲しければ我に従え」ということに過ぎない。
Posted by 幸福など不要 at 2008年03月11日 16:35
資本主義において、資本は生産性=効率を求めて移動する。
人間自体の能力が平等でない以上、片寄りができるのは当然の帰結。
人間だけでなく、都市間の格差や国の格差も同じだな。

「幸福」は心理の問題だと常々思ってた。
資本主義や経済学は「根本的な貧困」を撲滅する超有効な(歴史的には最高の)手段だが、
万能な手段ではないということ。これは資本主義や経済学の限界でもある。
更に、格差という結果を放置すれば自ら崩壊するという自壊構造がある厄介な代物。
どうにかするのは「政治」という手段を使わなくてはならない。
相対的な「幸福」の問題は政治の解決すべき命題であるということだな。(それも経済を殺さずに。)

幸福にとって、経済(金)は前提であって、
それが全てではないというかなり当たり前な結論に達するという。。。
Posted by コメコメ at 2008年03月11日 20:13
金があっても幸せとは限らないけど、
無ければ確実に不幸。
確かに当たり前ですね。
Posted by at 2008年03月11日 23:24
年収300万で上位って、単に、物価の違いを考えに入れてないだけじゃ・・・?

例えば、農産物(一時産業)の輸出に主要産業を頼っている国はたいてい貧しい国(年収100ドルとかよく言われるような国)ですが、生活には自給自足の要素が多くを占め、食べるだけなら意外なほど豊かであることが多いです。

飢餓云々は、政治的要素が絡んでることが多いのであって、途上国=みじめという訳ではないのではないでしょうか。

後半に関しては、個人の努力と、努力の総体によるコミュニティ全体の水準の向上を混同しているように見えます。

仲間の内で優位な者が多くを得る構造は人間でなくても動物全般に見られることで、おぞましいというようなほどのことではありません。

また、その論理で言うならば、劣った人より優れた存在になるために努力することになるので、それが成功すれば幸せになれるということになるのではないでしょうか?
(無論、出る釘は打たれるというようなことはあるでしょうが、それを克服することを含めての努力と思いますので。)
Posted by      at 2008年03月12日 22:32
単純に年収だけ比較してもしょうがないでしょ。
上見て暮らすな下見て暮らせ。ですか?
Posted by   at 2008年03月13日 16:42
このブログを書いてる人はまだかなり若い人なのかな?
自分の言いたい事に都合のいい情報のみを持ってきてしかもそれを都合のいいように解釈してる。
極々狭い範囲しか見てなくていろいろとぬけてるよ。肝心な事が全く見えてない。
Posted by at 2008年03月22日 23:48
非常におもしろいこと、書いてますね!

なるほど、たしかにそのとおりだと思います。
自分の周りという、小さな世界が、比較対象になって、自分を評価してるなと思います。

これからも、きたいと思いますので、がんばってください。
Posted by 通りがかり at 2008年03月26日 19:34
実に勝者の論理で塗り固めたものですねこれらは。まさにダーウィニズム。
いい気なもんだとしか言いようが無い。
かつて飢餓が世界中に報道されている間中、その当の国からの輸出食料は途絶えていなかったし、減りもしていなかったというパラドックス。資本主義の怪奇現象です。
反対に言えば、「勝者」は「自分より劣った者」のために社会全体の進歩がどんなに阻害されていることだろう、とは考えないというのだろうか。つまり「自分より劣った者」の存在は幸福感の必須項目なんかでは決してない。むしろ苛立ちや諦めを生み出す元凶でしょう。
さらに昨今の勝者とて、たかが金集めにちょっと優れているからといって勝者面するなど笑止千万なんですがね。
Posted by at 2008年04月24日 00:49
興味深いです。
僕は自分が幸せかどうかは、自分が決めるだけだと常々おもっています。
(相対的と決めればそうなるでしょう)

なのでのハーバードの結果は、
幸福感が相対的というより、
価値観は相対的であるという価値観を、
その人達が疑いなく受け入れていることで、
幸福感を相対的にしか感じられなくなっている
というほうが構造的には真理に近いのではないかな、
と思っています。

だからきっと、
ブータンとか行って、
幸福感についてのアンケートをとったら、
それはきっと、ハーバードで取ったアンケートとは
逆の結果、相対的と答える人は、
すごく少なくなるとおもう。(推測で申し訳ない)

競争については、
共感しますが、、
文中にもありますが、
やっぱり、
競争の目的が、個人的な幸福である以上は、
その人は恒常的には幸せを感じることはできないとおもいます。

個人的な幸福感というのは、何に自分が幸福をみいだすかという考えから来ているのに、
外的なものから幸福感を得ようとするとスパイラルに入る。

ということで、自分の幸福は自分が決めている、
ということを自覚した上で、
共にお互いの価値観を楽しみ合えたり、
何かを作る、そしてシェアしあう、楽しみあう、
またはそういった
創造物を様々な形でシェアできる場の創造、
というのが、最も幸せな道なのでは?
と思っています。
Posted by 中村 at 2008年06月16日 11:17
アホですねー(笑)
あなたより「劣った人々」を沢山見つけて、幸せになれば良いですね。

私は、「劣った」あなたを笑って、幸せになります。

日本人は全ての人が「幸せを実感」できます。
なぜなら、世界中に私たちより「劣った人々」を沢山見つけることが出来るからです。

さぁ、今日もTVの前でおいしいものを食べて、TVに映る、アフリカや東南アジアにいる「劣った人々」を見ながら、「幸せを実感」しましょう!

支給される食糧に群がる飢えた「劣った人々」を見て、幸せに浸りましょう。

もう幸せすぎて、その映像を見ながら、私は思わず笑ってしまいました。

日本人は「劣った人々」を笑い続けられる、幸せな国民であると、改めてこの文章を読んで実感しました。

「劣った人々」よ、もっと餓えよ!
俺たちの笑い者になれ!!
私たちに「幸せを実感」させろ!!!

資本主義万歳!!

もう笑いが止まりません(笑!)
Posted by 無党派層 at 2008年07月01日 08:15
ビルゲイツとウォーレンパフェットの富を没収するという考えは根本的にに間違っていると思います。
たとえそれが実現できたとしても今よりもよくならないと思いますし、かえって悪くなると思います。
社会主義がその典型じゃないですか。
彼らもそれなりに努力して私財を社会に還元する活動を惜しみなくしていますし、こういった方がいないと世界中の人間にチャンスも巡ってこないと思いまし、何よりビルゲイツは多くの人間に雇用を与えていますし自分で獲得した富だからこそ恵まれない方に寄付すると言う発送にも繋がっているのだとおもいます。
何も考えもせず金持ちの資本を半強制的に没収する思想は悪平等を生むだけだとおもいます。
Posted by りぃ at 2008年07月08日 17:00
みんなが幸せにはなることはない
それはみんなが幸せを追求するから、という皮肉

自然が人類に仕組んだこの性質こそが人類を地球最強の生物へと押し上げた

多くの敗者を産みつつもマクロ的には人類は常に進歩している、という皮肉


これが我々に仕組まれた機能

ゆえに我々が有無を言わず成すべきは勝利への努力でしかない

幸せ、勝利、脆弱だがしかし確かに存在するその基準を勝ち取るのは努力し、かつ勝利した者のみ

理不尽だが不公平だが、正しいと思える

まっとうな自然のあるべき姿に思える
めまぐるしい自然はまさに大格差大津波の趣である

何千という敗者を絶滅させた勝ち組たる人類、やはり、さらなる幸せを追求し続けるのだ



ゆえに資本主義死せども、競争は死せず

例え一時の快楽だとしても我々は勝利を目指すように仕組まれている
自然が仕組んだのだ

つまり、人類のあらゆる選択において、自然に対しては、人類は常に正しいはずである

ゆえに我々は常に正しい
Posted by あ at 2009年06月02日 01:28
みんなが幸せにはなることはない
それはみんなが幸せを追求するから、という皮肉

自然が人類に仕組んだこの性質こそが人類を地球最強の生物へと押し上げた

多くの敗者を産みつつもマクロ的には人類は常に進歩している、という皮肉


これが我々に仕組まれた機能

ゆえに我々が有無を言わず成すべきは勝利への努力でしかない

幸せ、勝利、脆弱だがしかし確かに存在するその基準を勝ち取るのは努力し、かつ勝利した者のみ

理不尽だが不公平だが、正しいと思える

まっとうな自然のあるべき姿に思える
めまぐるしい自然はまさに大格差大津波の趣である

何千という敗者を絶滅させた勝ち組たる人類、やはり、さらなる幸せを追求し続けるのだ



ゆえに資本主義死せども、競争は死せず

例え一時の快楽だとしても我々は勝利を目指すように仕組まれている
自然が仕組んだのだ

つまり、人類のあらゆる選択において、自然に対しては、人類は常に正しいはずである

ゆえに我々は常に正しい
Posted by あ at 2009年06月02日 01:30
質問があります。
「幸福度は相対的」が人間の心理という話は一理あると思いますが、次にいきなり「だから資本主義は嫌われる」とあり、前後のつながりがよく分かりません。
もしかして資本主義がその心理を助長しているという論旨ですか?別に最上位に行かなくても普通に家庭を持って幸福を感じている資本主義国の人もいると思いますが。

努力した人が上に行ける資本主義はそれなりに公平だと思いますよ。一応機会の平等は与えられているはずだし。但し、一部の人(努力をしたけど不慮の事故などで底辺に落ちてしまった人など)の為のセーフティネットも必要となるでしょう。
Posted by at 2010年01月04日 19:21
確かに、人間という物は、他人を見下すのが好きなようだ。
見下す事によって心がみたされる。これは真理とおもいます。
Posted by クライン at 2011年10月06日 00:11
ハーバードの人は確かに理知的であるかもしれません。
ただ、それと同時に競争心の強い人でもあると思います。
Posted by りゅう at 2012年01月29日 01:04
色々批判してる人いるけど結局論旨である人間の心理によってみんなが幸せになれるわけじゃないって部分を否定できてないよね

抜けてるとか前提がおかしいとか言ってるけど別にそこは大事なところじゃないし・・・

自分は正しいことだと思ったしそれがすごいおぞましいことであるとも思った。
間違ってると思った人がいるならちゃんとどう間違ってるのか具体的に反論してほしい、というかしてください。

Posted by at 2012年02月15日 14:59
Thanks for spedning time on the computer (writing) so others don't have to.
Posted by fduGKKETHEnCoTRK at 2012年04月12日 19:58
Posted by jOgSYkNfMJJ at 2012年04月13日 09:43
yEXvjq , [url=http://wvqlazaavddc.com/]wvqlazaavddc[/url], [link=http://bojgtpfjuwbo.com/]bojgtpfjuwbo[/link], http://yggxjqxsiqnn.com/
Posted by fjYYyzEW at 2012年04月13日 13:44
Posted by XxEnDJnbaltATTajr at 2012年04月15日 23:45
RcVoXw , [url=http://hwoqytwcyqdt.com/]hwoqytwcyqdt[/url], [link=http://heaylcvbyuiy.com/]heaylcvbyuiy[/link], http://nnrcuikkzgts.com/
Posted by meTknspZzTUMIeu at 2012年04月17日 05:15
人類は進歩などしていない。
競争の苛烈化に伴い、軍事科学技術の発展と制御しきれないまでの増長へと導かれた獣性が、やがて不可逆的な大破局を到来させるだろう……。
獣共にはわかるまい。
Posted by at 2012年07月20日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

要約
Excerpt: 努力しても決して幸せになれない理由 - FIFTH EDITION もっと言えば...
Weblog: p0t
Tracked: 2008-03-03 09:01

[ネットからのネタ]幸も不幸も相対的
Excerpt: 努力しても決して幸せになれない理由 - FIFTH EDITION - http://blogpal.seesaa.net/article/88037108.html つまり、幸福が相対化してしまっ..
Weblog: 来兎の研究室
Tracked: 2008-03-03 13:43

努力しても決して幸せになれない理由は比べるから
Excerpt: 資本主義の明と暗が分かりやすく、グリーンスパンの伝記を書評しながら書いてあるエントリ。 途中からちょ
Weblog: ii IDEA アイアイアイディア
Tracked: 2008-03-03 17:22

努力すれば幸せになれるはず
Excerpt:  幸福の相対化が、幸せを感じることを困難にしているという主張は理解できます。競争によって他者より優位に立つことで幸せを感じる。そう...
Weblog: scrap
Tracked: 2008-03-03 18:23

幸せを科学で測る? アンケートの魔法
Excerpt: 努力しても決して幸せになれない理由(FIFTH EDITION) 「あなたは幸福ですか」という内容が抽象的過ぎる質問アンケートを自国が豊かかどうかの判断の基準にすべきではないのは確かです。 「あなた..
Weblog: 脳内新聞(ソース版)
Tracked: 2008-03-03 20:53

[資本主義][詭弁]資本主義者は共産主義者のようにうざい
Excerpt: id:kagami:20080304#p1経由http://blogpal.seesaa.net/article/88037108.html なんというかネットワークビジネス臭い(´Д`)y- ..
Weblog: monotone
Tracked: 2008-03-03 23:59

それでも私は屠り続ける +書評+ いのちの食べかた
Excerpt: 以下のentryを読んで思い出したのが本書。 いのちの食べかた 森達也 「選択の自由」が排除する人々 - 過ぎ去ろうとしない過去もちろん、安楽死と解雇は違う。子飼弾[原文ママ]は..
Weblog: 404 Blog Not Found
Tracked: 2008-03-04 02:24

資本主義の末路
Excerpt: 努力しても決して幸せになれない理由 - FIFTH EDITION 資本主義というものは、「より良い暮らしをしたい!」という欲求を原動力に経済を回す仕組みと言えるでしょう。 「より良い」とは、..
Weblog: R行軍記
Tracked: 2008-03-04 18:17

「ガチ」によって奪われた「自由」
Excerpt: ◆努力しても決して幸せになれない理由@FIFTH EDITION 何度も繰り返してきたけど、国民の生産性が伸びれば伸びるほど、その国は豊かになれる。...
Weblog: 殿下執務室2.0 β1
Tracked: 2008-03-04 20:21

[政治・経済]いかなる制度も人間の幸福を作れない
Excerpt:  努力しても決して幸せになれない理由という記事を読んだ。  資本主義は実際、他の制度と比較して、寿命を延ばし、貧困をなくし、生活の水準を上げているのになぜこうも嫌われるのかと問うている。それは、幸福..
Weblog: 天才とバカとの間
Tracked: 2008-03-04 22:21

資本主義も社会主義も大っ嫌い!!
Excerpt: なぜかって!? 資本主義じゃ「勝ち組」がカッコつけて生きてるけど、大多数の「負け組」がいなければやってけない社会だ。「負け組」がいなければ、そこから「合法」的に財を奪って「勝ち組」にのし上がることも..
Weblog: ◆書く/読む/喋る/考える◆
Tracked: 2008-03-05 06:21

自分の年収は世界で何番目?的な話と
Excerpt: 自分の年収を入力するだけで自分が世界で何番目にお金持ちなのかがわかる「Global Rich List」というサイトがありましたので今更紹介します。二年前ほど前に話題になってたらしいのに気づきませんで..
Weblog: 西岡Blog
Tracked: 2008-03-05 10:20

時事:[平城京パニック][そこのマッチョ野郎、タイラーダーデンを知ってるか?]
Excerpt: □マスコット選考過程も疑問…奈良「平城遷都1300年祭」  マスコットが凄い事になってるな。何をどうやったらこのマスコットが出来上がるんだ。 だが、事業協会が「走りながら考える」と打ち明けるように..
Weblog: 脳内会議中は死んだ
Tracked: 2008-03-05 22:17

幸不幸の発生システム
Excerpt: 私たちは、他人と比較して自分の運不運を感じ取る。あたかも、運という貴重な資源が社
Weblog: 哲学はなぜ間違うのか?
Tracked: 2008-03-10 21:33

神か悪魔かグリーンスパンか - 書評 - グリーンスパンの正体
Excerpt: エクスナレッジ書籍編集部より献本御礼。 グリーンスパンの正体 William A. Fleckenstein / Frederick Sheehan 北村慶監修 / 鈴木南日子訳..
Weblog: 404 Blog Not Found
Tracked: 2008-04-04 04:55

支配階級の権力回復というプロジェクト
Excerpt: 自由主義的な家父長主義というのは形容矛盾で、読むと気分が悪くなりそうだが、これは一種の冗談で、まじめにいうと「これまで非現実的な『合理的経済人』を想定して行なわれてきた制度設計を、もっと現実的な人間の..
Weblog: 背伸びせずありのままで誠実に生きていきたい。
Tracked: 2008-04-18 01:01

資本主義の次の新しい経済主義はあるのか?
Excerpt: アルバートは、「現在の不正に気づきながら『他に選択肢はない』と思い込むことが、 社会を変革する運動の最大の障害」と語っています。「参加型経済」は、 資本主義の市場競争原理や権力支配、中央指令型システ..
Weblog: オレドコBlog
Tracked: 2008-04-18 09:57

[いい言葉][ブログ評]足るを知る
Excerpt: ハーバードの大学院生に、自分の年収が5万ドルで同僚の年収がその半分の場合と、 自分の年収が10万ドルで同僚の年収がその倍の場合、どちらが幸せかと聞いたところ、 大多数が前者を選んだそうです(ドロシー..
Weblog: 100の許しと10の苦しみと1の喜び
Tracked: 2008-05-09 00:42

努力しても決して幸せになれない理由 - FIFTH EDITION
Excerpt: 資本主義、収入、幸福度などについてのエントリー。 <br /> <br />つまり、資本主義は、心の底から、みんなに嫌われている。これほど嫌われている主義思想はないという結論だ。 <br /> <br /> <br />前回のエントリでは、資本主義の非人道性に..
Weblog: pligg.com
Tracked: 2008-05-19 01:29

【心の病全般・パニック・神経症】がんばらない!症状克服実践会テキスト(★お手軽プラン★)
Excerpt: 元精神科のナースが告白本当に欲しかった情報★3%の人だけが知っている克服法公開
Weblog: 情報商材レビューinfo-chance.com
Tracked: 2009-03-01 11:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。