このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年10月19日

漫画家・末次由紀氏 盗用(盗作)検証

漫画家・末次由紀氏 盗用(盗作)検証

うーん、確かにトレースは悪いが
パクリや剽窃って、線引きが難しいんだよな。

DBの天下一武道会が、その後のトーナメントアクション漫画を
生み出しタンだが、まぁ、それをパクリと言われると
ほとんど何もできないからな。

漫画家が、自分の作画の時に、
他の漫画家の作品を参考(悪く言えばパクリ)に
しているのは、アシスタントした事がある奴なら
誰でも知ってるし。

トレースしなきゃいい、多少インスパイアして
パクリが分らないように描けというのが
業界のルールみたいなモンだけど。

手塚の絵柄はディズニーのパクリっちゃパクリだし
パーマンはスーパーマンはあからさまなパクリだし
8マンは、フラッシュのパクリだし。

日本の漫画史ってのはパクリの歴史
そのものであって、あんまし、これには
突っ込んじゃいけない部分もあるんだけど。


しかし、これやるなら黒猫のカウボーイビバップパクリや
RAVEのワンピースパクリをもっと問題にしても
いい気がするけどね。

NARUTOの無限の住人パクリの方もあるし。
ナルトに出てくるキャラ、無限の住人を
インスパイアしすぎ。


結局、漫画家というかクリエイターなんて
インスパイアしなきゃ創作なんて
できないんだろうけど。

キングがいってるとおりなんだよな、結局。

「ストーリーは再生産の時代に入っている」

と。

絵も同じなんだろう、結局。

ばれないようにインスパイアしましょう。
そうしましょう。

つか、完全オリジナルなものは作れません。
人は神じゃないから。




posted by pal at 19:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
関係ない広告ウザすぎ。リンク踏めねぇじゃんか。
Posted by at 2005年12月31日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック