このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年10月07日

ネットでの記事の見出し配信はダメ

本日、読売の「記事の見出しの無断使用」裁判の結果がでました。
結果は読売の勝利。

ネットと共存できない既存メディア


というか、記事の見出しの無断配信ってのは
要するに、無断リンクは禁止って言っているに等しいんですけど。


読売新聞のサイトは記事への無断リンク禁止、RSSも
やってません。
その代わり、読売ツールバーってのがあって
ネットのどこにいても「読売のニュースだけはチェックできるよ」
というサービスがあります。

どれだけの人がインストールしているかはしりませんけど。

今、「イノベーションへの解」を読んでいるので
思うことなんですが、まず、何でネットメディアが
紙のメディアを駆逐するかというと
単純に紙のほうが配信にコストがかかるからなんです。

そして、この場合、ここがネットメディアにとっての
最大の利点であって、同じ市場により高コストのプレーヤーが
いるからこそ、ネットメディアは、常に利益を上げることが
可能なんです。

新聞だけでなく、他の紙メディアは全て
同じイノベーションのジレンマに陥っていて
紙のほうが、現状儲かる。一方で
ネットは儲からない。

だから、本気でネットに参入しようとは、どこも
思っていない。

だから、ネットメディアは、簡単に、
新しい市場を開拓する「新市場型破壊」と
より低い値段でかつ金払いの低い顧客をターゲット
にした「ローエンド破壊」の分野で勝利をおさめているわけです。

本来、今まで、新聞が切り捨ててきた読者層が
顧客が、ネットメディアの主流顧客なわけです。

だから、ちょっと前までは、痛くもかゆくもなかったはずです。

ところが、ネットメディアが奪った顧客が、想像以上に
でかくなり、その結果、広告料がネットに流れ始めた。
また、ネットのおかげで、よい記事も読めるようになりつつあり、
新聞の顧客までもが、ネットに流れ始めるでしょう。


こうした、ローエンド型破壊と新市場型破壊に見舞われた
市場で、旧来のプレーヤーが、逃げ出さずに
戦うことは非常に困難だとクリステンセン教授は
述べています。

現状、新聞が逃げ出さずに戦うことは困難です。

おそらく、読売は、ダメでしょう。
今の戦術は、かつてイノベーションのジレンマによって
滅んだ多くの企業と同じ間違いを犯してしまっています。

RSSやSBMもしない、あるいは、してはならないサイトに
ネットユーザーが向かうか?

答えはノー。

読売ツールバーを使うか?

答えのはノー。


現状、新聞の問題は、二つだと思います。

まずは、価格の問題。
紙の配信システムとネットの配信システムでは
圧倒的に後者のコストが安いこと。

次が「オーバーシューティング」、つまり行き過ぎの問題。

顧客が割増料金を払うのは、常に改良に対してであって
その場合の改良とは

「要求通りのものを必要な時になるだけ手軽に手に入れること」

です。

で、新聞記者さん達のブログを読んでいると新聞記事の
レベルの話が多いだけども、はっきしいって、
現状の新聞記事の内容というのは「行き過ぎ」、
オーバーシューティングしていて
極端な話、どの新聞とっても大して変わらない状況なんです。

全国紙なんて、特にそうで、みーん似通った内容で
同じ文体を使い、記事を書いているわけです。
出来るだけ多くの顧客の要望によって突き動かされた結果、
そういう紙面に必然的になってしまい、結果、
新聞紙面は、誰も満足させない、
広くて内容の薄い紙面作りになっています。

で、ネットでは、この新聞の欠点をついたサービスが
次々と発表されています。

まず、RSSシステム。自分の興味にあったブログやサイトの
更新情報だけを集めてきてくれるサービスです。

次が検索、SBMとお気に入り。これは、自分の興味のある事柄だけを
調べたり、あるいは、興味の幅の一致する他人が調べてくれた
記事をチェックできる存在です。


そして、ここで大事なのが、メディア市場における
競争の基盤が変わってしまったことです。

もうかなり大部分の人が、より正確なニュースになんて
金を払わないんです。

これは、新聞記事、記者のレベルがある一定レベル以上に
なってしまってしまい、どれを選んでも
必要最低限のことは知れるためです。
記者クラブの弊害ですね。これによって記事の差別化を
新聞はできなくしているんです。

差別化ができない商品なんて、価値がないのに。
これに気付いているはずです。多くの人が。
でも、今更、記者クラブは潰せないでしょう。


よって、顧客は、記事の質ではなく、
他のものに魅力を感じ始めていて
イノベーションのジレンマにあるとおり、
「カスタマイゼーション、速度、利便性」に優れた媒体に
つまり、ネットに金を払うようになります。

これは、新聞だけでなく、雑誌や漫画もそうなんですけど
大多数の顧客を抱えるメディア企業は、大多数の顧客からの
ニーズによって突き動かされるために、
内容が幅広く画一的で似通ったモノになり、
その結果、市場のほかの製品と差別化できない
道へと突き進まされる事から起こります。

それが行き過ぎたのが今の大手メディア企業で、
結果として市場のルールが変わり、ネットに客が流れてしまう。


まぁ、イノベーションのジレンマは、現状、
ビジネスの教科書といってもいい存在のようなので
読売の人もみんな読んでいるでしょうし、
何らかの形で、カウンターをあびせてくるとは思うんですが。

少なくとも、それは、リンク禁止ではないです。
おそらくは、もっと大胆なビジネスモデルのチェンジになるでしょう。
ただ、それは、痛みを伴なうので、それを新聞がうけいれるか
どうかで勝負が決まりそうな気もします。








posted by pal at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍中川両議員は、自ら政治的圧力をかけたことを認めていた
Excerpt: 松尾「北海道のおじさん(中川議員をさす)は凄かったですから。そういう言い方もするし、口の利き方も知らない。どこのヤクザがいるのかと思ったほどだ。」…本田「放送中止を求めたのか?」中川「まあ、そりゃそう..
Weblog: 安倍中川のNHKへの「政治介入」の決定的証拠
Tracked: 2005-10-22 22:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。