このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年10月01日

リンク、コンテンツ、カテゴリ分けの三要素について

ネット関連の事業とか見てると、
ネットで必要とされる要素はリンク、コンテンツ、カテゴリ分けの
三つに尽きるんだなーと思う。

コンテンツ提供者、リンク製造者、カテゴリ分別者。

記事書いても、リンクがなければ、
誰もそこにたどり着けない。
リンクつけても、カテゴリ分けされていないと
必要とする記事がどれなのかわからない。

従来の新聞とかだと、コンテンツ提供者が記者で
カテゴリ分別者が編集者、そしてリンク製造者が宅配だった
わけですな。

ポータル事業ってのは、カテゴリ分別が主であり、
ブログってのはコンテンツ提供であり、
そして、SBM、TB、検索技術はリンク製造と。


この先、どうなるんだろ。
ブログによるコンテンツの爆発はSBMやTBといった
新しい形態でのリンクを生み出した。

おそらく、リンクの爆発は、カテゴリ分別に革新を
もたらす技術を必要とするので、どこかで誰かがそれを
生み出すはず。

なーんとなくだけど、次は、ポータル関連で新たな技術革新が
出てくると思う。今のポータル事業なんて、持続的イノベーション
状態に陥っているから、一旦、それの破壊的イノベーションが
起これば、業界地図の様相が書き換わると思うんだよね。

ここまで、コンテンツとリンクが増大した以上は
カテゴリ分別の技術の革新に必然的に結びつくはず。

どこのベンチャーがこれやるんだろ。
一旦、始まったら、既存のポータル事業のキラーコンテンツが
育って、やがては・・・・って事になるかもね。




posted by pal at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。