このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年09月25日

順調に続く漫画販売の売り下げ

随分前から、漫画の販売が右肩下がりなわけですが、
今年も絶好調で下がり続けております、漫画愛好家の皆様。


漫画の売り上げは低下し続けている。/TV Asahi Top 100 Anime


業界の皆様が、悲鳴を上げまくっていますが
ほんと、酷いもんです。

ブックオフ潰せとかいう声が政界に届く日も
近いかもですねー。

そもそも、貸し本ビジネスが軌道に乗り始めた時期、
それを業界全体でぶっ潰したんですが。

まー、貸し本ビジネスを軌道にのせて
TV・映画業界みたいに、そこを第二の収入源にしときゃ
ブックオフにここまでやられることはなかった気もするんですがね。
激しく激しく激しく。


しかも、ネットは出てくるわで、出版業界は冬そのもの。
逃げ出したくなる人も多いんじゃねーかな。
周りでは、あんまし、そんな声きかないけど。

もう成長する要素がない業界ですから
なんだか、夢がないです。
少子化、人口減、ネットへの人口移動のトリプルパンチだし。


1〜2年でやられるって事はないですけど
あと10年、20年後、出版業界と漫画が
どういう風に生き残っていくかのビジョンを
示そうって人も出てこないし。

そのくせ、萌え関連市場だけは育っていくファンタジー。

まぁ、これからの漫画家は、少年向けでは
食っていくのは難しいんでしょう。
出生率見る限り、これから10年間は、子供はさらに減っていくわけだし。

やっぱ、20〜30台の男性をターゲットにした漫画市場を
拡大させない事には、食っていけない気がするなぁ。
あと紙もブックオフにやられちゃうから
デジタル分野への進出も急務。

はー、なんでこー、最近、気が滅入るニュースばかりなのか。
やってられん。鬱になりそうだ。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。