このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年09月07日

世界の消費の54%をアメリカ人の三lが消費している件について

ガソリンとアメリカ経済

ぐっちーさんが又、面白い話をされています。

お話によると、アメリカの消費量の90%は
所得水準の上位3%の人によって行われているとか。

んでもって。

アメリカは、僕の知っている限りでは(随分前のデータですが)
世界の消費の60%をしめているわけです。

つまり、世界の消費の54%は、アメリカの所得水準3%の
人々によって行われているわけですね。

アメリカ陰謀論を叫びたくなる人達の気持ち
わからないでもないですねぇ。。。


しかし、日本は、その人たちに輸出した製品を
買ってもらって、貿易黒字を稼いでるわけで。

お客様は神様ですという
由緒正しい商売精神の求道者である
日本のビジネスマンにとっちゃ、
結果オーライってとこでしょう。

それでいーのだ。




posted by pal at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。