このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年09月05日

各新聞社の情勢分析まとめ

各新聞社の情勢分析まとめ

かんべえ先生のところで
各新聞社の情報分析のまとめが出ています。

統計ソフトRを入れたので、
この分析から、選挙後の議席統計数値を出してみたいと思います。

*自民と民主については、数字のブレが激しいので、
新聞社ごとの平均値を使っています。

> x <- c(255,271,260,251,264,249) #自民
> mean(x) #平均
[1] 258.3333
> median(x) #中央値
[1] 257.5
> sd(x) #標準偏差
[1] 8.334667


> x <- c(163,145,147,159,150,145) #民主
> median(x) #中央値
[1] 148.5
> sd(x) #標準偏差
[1] 7.687652
> mean(x) #平均
[1] 151.5


> x <- c(28,30,35,35,34,35) #公明
> mean(x) #平均
[1] 32.83333
> median(x) #中央値
[1] 34.5
> sd(x) #標準偏差
[1] 3.060501


> x <- c(8,10,10,9,7,10) #共産
> median(x) #中央値
[1] 9.5
> mean(x) #平均
[1] 9
> sd(x) #標準偏差
[1] 1.264911


> x <- c(15,15,18,17,16) #無所属
> median(x) #中央値
[1] 16
> mean(x) #平均
[1] 16.2
> sd(x) #標準偏差
[1] 1.303840


> x <- c(8,7,7,7,3,6) #社民
> median(x) #中央値
[1] 7
> mean(x) #平均
[1] 6.333333
> sd(x) #標準偏差
[1] 1.75119


国民、日本、大地は1〜2人当選すればいい方なので、統計を
取る必要はないと感じました。

これらの新聞分析からみるに

自民 258  +-8
民主 150  +-7
公明 32  +-3
共産 9   +-1
無所属16  +-1
社民 7   +-2
国民 1
大地 1
日本 1


くらいですね。
統計ソフトあるとこういうのがすぐに出せるから便利すぎ。

ちなみに、全新聞社がとった総サンプル数は30〜40万人程度と思われます。




追記 誤差の話など


もうちっと詳しく調べてきました。

2005年08月30日の総務省の発表によれば
日本の有権者は1億335万6879人。


讀賣は15万人に調査。
小選挙区300ごとにやったのかと回答率は不明。

毎日は9万人から回答。小選挙区300ごとにわけ、調査を実施。
一選挙区あたりのサンプル数は300と推定。

日経は調査対象者は全国の有権者15万人。
小選挙区300ごとにやったのかと回答率は不明。

朝日は全国300の小選挙区を150ずつ二つに分けて実施。
11万8616人から有効回答を得た。回答率は63%。

共同は全国の有権者約15万3600人を対象に電話世論調査を実施。
回答率、調査対象などは不明。小選挙区ごとに行ったかも不明。

東京は調査方法不明につき、評価できず、であります。
調査方法くらい、載せといてください、お願いします。



讀賣、日経、共同が、小選挙区ごとに調査を行い、
回答率60%程度(朝日の回答率を参考)とすると、
新聞5社で調査した数は、47万人(重複有り)と推定されます。

5新聞社を合わせると
一選挙区あたり1200人に調査を行っている事になります。

サンプルが重複する確率は
ほぼないに等しいと思われるので
一選挙区1200人に調査を行ったと
みるのがいいのではないでしょうか。

新聞社全部が、調査数値を公表して、それを
足し合わせて計算すれば、もっと正確な議席予想が
できるんじゃないかと思うわけですが。
1新聞社の議席予想だと1小選挙区につきサンプル数240なので
5%の誤差がでますが、5社でデータあわせれば
1200になるので、3%くらいまで誤差を下げれるんですよね。
勿論、その場合、調査方法も合わせなきゃいけませんけど。

記者クラブがあるんだし、そういう所では
協力したほうがいいじゃないかなぁ。

もっとも、まだ決めていないという人が20%前後いるみたいですから
誤差が大きくなって当然かな。


あと、自民の標準偏差が朝日が21で、讀賣が40なんですよね。
民主なんて、さらに差が大きい。
他の新聞社のは分らない。

平均とって自民と民主の標準偏差30とした場合、

自民 258  +-8
民主 150  +-7

として、平均値の標準偏差が自民8、民主7。
これに平均とった標準偏差を加えると

自民 258  +-38
民主 150  +-37

になりますね。

現状、まだ投票先が決まっていない票が
20%あるようですから、それを取り込むことに
成功すれば、読売の予想の通り、民主が199議席くらい
取る事は可能だと思います。

投票まで日がありますが、
20%の浮動票の行く末で勝負が決まりそうです。






posted by pal at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2005衆議院総選挙 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×不在者投票→○期日前投票。
Excerpt:  今日も元気だ、朝屁がデカい。 9/11(日)の衆議院選挙には行けないので、今日期日前投票をして来た。(どこに入れたかはナイショ★。)  自民党は今回の焦点は「郵政民営化」にあると強調しているが..
Weblog: <徳島早苗の間>
Tracked: 2005-09-05 21:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。