このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年08月22日

1945〜1970年代は悪夢のような時代だな・・・・

養老孟司先生世代の脳は狂っている

今、はてなブックマークでちょっと話題になっているエントリー。

自殺統計
少年犯罪統計データ
幼女レイプ被害者統計
少年によるレイプ統計

ざっと統計みたけど、今の日本からは考えられないな。
少年犯罪、性犯罪ともに、1945〜1970年までは悪夢的だなや。

脳に欠陥があるとはないと思うけど
日本が工業国家化した1970年以降ってのは
どんどん平和な社会になっていく過程だわ。

教育と社会的豊かさは大事だね。ホントにネ。

しかし、1960年〜70年までのレイプ率とか犯罪率はホントに酷いな。
自殺率のピークは1950年代みたいだけど。

平和な時代に生まれてよかった。ホントに。



追記

ちょっと調べていて気付いた。

1960年代あたりから、日本にTVが爆発的に普及するんだよね。
それでさ、思うわけですよ。

昔からさ、勉強なんて嫌いな奴が多くてさ
文字の情報教育なんて、たかが知れてるんですよ。
映像や音声じゃないとね。

だからさ、少年犯罪とかってさ、逆にTVみたいな
メディアでさ、アニメとか教育番組で
教育していった部分や暇つぶしでTV見れるようになったのが
大きいんじゃないかな。


結局さ、ごく少数をのぞいて
アニメなんて、博愛、友情を鼓舞するものが
ほとんどだしさ。
人をボコボコ殴ったりするDBや北斗の拳だって
結局、正義の味方が主人公だし。
(その正義のあり方については、色々あるけどさ)

子供達がそういうメディアに釘付けになって
小さい頃からアンパンマンとかウルトラマン見て
育てば、勝手に教育されていっちゃうよな。
平和的な子供に。
正義の味方に憧れて、そういう人間を目指すようになるんだから。

だからアニメは、子供の犯罪抑制にも役立つんだよ、
子供はアンパンマン見ないといけないんだよ!!


といって、子供向けエンタメを擁護してみるテスツ。



あ、そうだ、コメント凍結解除しております。
いじょ




posted by pal at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
ウルトラマンを見て完全懲悪に目覚め、犯罪者になら何をしてもいいと思い込み。
アンパンマンを見て使い捨て文化が育ったと、犯罪抑止以外で弊害が出たと言ってみる。

自殺、少年犯罪、 幼女レイプ、少年によるレイプと少なくなってきたからマスコミが大々的に取り上げる。レアな情報こそ情報量があるというシャノンの情報理論にマスコミは適っているんだなと、マスコミを擁護してみるテスト。
Posted by xenon at 2005年08月23日 06:52
>>xenon さん

弊害はいっぱいありますが、ガンダムをみて
原子炉力エンジンをつんだロボットを作ろうとする
技術者が育たなかったのが
ガンヲタである僕の救いであります。
Posted by pal@管理人 at 2005年08月23日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。