このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年07月28日

主婦のお値段

主婦のお値段って奴を数字だけで考えてみた。
 

セックスつき家政婦(そんなもんないけど)を雇った場合

家事洗濯育児  一日12000円の家政婦さん雇うとして週五回来てもらう。
        一月に20回来てもらうとして24万円。
 
セックス代金 一回1万円、三日に一回とする。一月10万円。

出産    一人につき400万円(アメリカの代理母出産を参考にした値段)

と過程。

代理母に子供を産んでもらって400万円。
1年でかかる育児やセックルつき家政婦雇ってかかる総費用は408万円。

総計808万円なりと。


主婦の場合

家事育児洗濯   なんと0円。タダ働きである。
セックス代    驚きの0円。
出産       出産費用だけでいいので30万円くらい
妻と子供の食事代 年間60万程度
妻への誕生日プレゼント  3万円程度
妻の小遣い       年間36万円程度


妻が子供産んでから一年間にかかる諸経費は
129万円程度。

素晴らしい、なんと妻を手に入れると
代理母出産、セックルつき家政婦を雇う場合に比べて
600万円以上の節約である。

世の中の男が何故結婚しないのか理解できない。
これほど素晴らしい商品が日本に存在するだろうか。
いやない。

逆の見方をすると、このような状況を
世の中の主婦の皆さんは、何故、甘んじて受け入れているのか。
もはや労働基準法違反である。
社会主義革命を起こしても許される位の冷待遇である。

100万円の婚約指輪をもらい
200万円の結婚式をあげても、
まだ、男のほうが300万円近く得を
しているではないか。

しかも、女性というのは、結婚前は、化粧用品やら服やらと
余計な出費がかさむし、16をすぎたら毎朝1時間程度は
鏡の前で自分を磨かないと配偶市場では良い相手を
みつけられない。

こういったコストを16歳の頃からかけ続け、
26歳で結婚したとすると、その間にかかった費用は
200万円はいくだろう。

となると、だ。夫というのは、
上記のような条件においても、まだ妻に対して
500万円の貸しがある。

これらのコストを考えると主婦というのは
女性にとって最悪の就職先である。
500万の負債が結婚して一年で生まれてしまう。

そして、この負債をランク付けするとD、つまり回収不能金融商品と
いえよう。そして、それが年々膨らんでいくのである。

日本の結婚システム内における女性搾取システム、ここに極まれり。


年間に稼げるのが200万円以下の女性なら
結婚するのは悪くないかもしれないが
キャリアウーマンと呼ばれる女性が結婚するのは
ジャンクポンドに全財産突っ込むようなものではないか。

原価計算して思ったが、
ほとんどの結婚は女性にとって信用詐欺に等しい。

負け犬論というのは、日本における最強の利権団体、
「男社会」が作り出したものに違いない。
全く、利権屋というのには困ったものだ。
















( ゜Д゜)y─┛~~大卒女の未婚率が上がるの当たり前だわ


もし結婚するならば、最低でも婚約指輪は300万円、
結婚前のデート費用は全部男持ち、誕生日には50万相当のアイテムを
要求しても、それでも男は黒字である。女性であれば、貪欲に
要求すべきであろう。

そして、男の立場をtanisige選手に代弁してもらう。




      _____________
      |                    |
      |           |
      |    無     理       |     
      |              |
      |_____________ |
       ) .  vヽD \       丿 ソ   
        ヽ   ノ___\ .   _/___/      
       ノ____ノ∵∴∵ヽ     /:∴/      
      /∴∵/:(・)∴.(・)ヽ   /∵:/       
      /∵∴/∵/ ○\:l  ./:∴/       tanisige        
     /∴/:/:./三 | 三|:| /∵:/      
     /∵/:/∴| __|__ |:| /:∴/     
    /∴/:/ヽ.:|  === .|ノ:∵:/      
    /∵/:く∴:ヽ\__/∵∴/       
    \∵ ∴∴━(〒)∵∴ / 




posted by pal at 19:12 | Comment(12) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
もし結婚するならば、最低でも婚約指輪は300万円←この時点で結婚する気が−に行きますね。いえ男なんですけdn
まぁ結婚に関する話なんで戯言を書いてみるとしよ
まず家事全般ができる男からすると結婚する必要は一切無い。まず結婚して+になる事が無い(これはキャリアウーマンの場合と同様)セックルムーンは自家発電で何とかしろ。んで結婚すると結構いらん金がかかる(相手への小遣い、ダルイのにデートで休日潰れる、二人分の衣食費等)そんな金があるなら自己満足に使う方がよっぽど有意義だ
金で買えないのは自分の気持ちくらいなもんだし金があるなら自己満足するのが一番
もうなんていうか自己満足=人生と言っても過言ではない

まぁ何が言いたいかというとだな
男女共に結婚しないほうがいいんじゃね?
Posted by みらべll at 2005年07月30日 11:03
恋愛という名の呪いを400万年ほど前に
神様にかけられたので結婚しないほうが
いいとみんなが気付くことはなさそうな希ガス。
Posted by pal@管理人 at 2005年07月30日 21:08
家事労働にもチープ革命が起きてる気がします。
コンビニと電子レンジと全自動洗濯機があれば何の不自由もないわけで。
Posted by おぞん at 2005年08月02日 01:26
家事労働は、この先、どんどんコストが
さがりそうですが
セックルのチープ革命は
コピーロボットが開発されるまでは
熟練労働者に任せられたままでしょうねぇ。

マルクスは、資本主義の搾取的な部分を
批判して、資本を国有化したわけですが
結局、人間の生産手段は私有のままでした。

だから、きっと社会主義は失敗したのです。

コピーロボットと人口胎盤が
製作された時こそ、真の社会主義的平等社会が
到来するのでしょう、きっと。

ただ、コピーロボットができても
どうやって、アンジェリーナに
ボタンを押させるかが問題。
Posted by pal@管理人 at 2005年08月03日 22:26
思ったんですが…実は、男も女も経済的に合理的な行動を正しく選択できているのでは? だとすると、そもそも何が問題なのでしょう?
Posted by おぞん at 2005年08月03日 23:08
経済的合理性を追求しすぎると
子供つくりなんてしないほうが
いい時代なので、
みんな子供を作らなくなります。

しかしながら、みんな子供を作らなくなると
人類が滅亡しちゃうので
生物的欲求、つまりセックルに関しては
コスト度外視で望む必要があるのです。

ジレンマですな。

効率を追求しなきゃいけない社会において
結婚という非効率な手段でしか
人間の再生産ができないというのは。

結婚制度ってのは、今の社会とは
あってないんでしょう。
Posted by pal@管理人 at 2005年08月03日 23:57
子作りに補助金を出せばいいんですよ(笑)
Posted by おぞん at 2005年08月04日 22:53
あなたは愛情を知らない可哀想な人ですね
Posted by   at 2005年12月09日 03:31
何も三回も言わなくても…
Posted by おぞん at 2005年12月13日 00:34
あれ、消えてる?
Posted by おぞん at 2005年12月13日 00:37
まあ金じゃないんですよ
Posted by 包☆茎 at 2010年03月15日 09:28
これからも見させてもらいます!
Posted by エロチャット at 2010年05月28日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「専業主婦」を総とっかえするとGDPが2割上昇
Excerpt: 無償労働の貨幣価値についてはいくつか資料があるはずなのだが、見つからないのでここ...
Weblog: Over 40
Tracked: 2005-07-28 20:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。