このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年07月24日

デジタル漫画の描き方@必要機材編

えー、では、講義をはじめます。

やめた。堅苦しいのは苦手なので
自分の言葉でいきやーす。

デジタル漫画においては、とうしても機材が必要です。
まず、パソコン。
これは、最近売っているパソコンならどれでもいいです。
が、CPU2G、メモリ512M、HD80Gくらいのは買っておきましょう。
今、安いですから。

それから、当然、ソフトがいります。
お勧めはコミックスタジオとフォトショップ。











フォトショップCSとかは高いんで、お金が無い人はコミックスタジオで
良いと思います。これで十分です。

コミックスタジオはDeb,pro,EXの三種類がありますが、
お勧めは、EXです。理由はアクションが使えるから。

アクションってのは、複数の動作をパソコンに覚えこませて
面倒な操作の手順を繰り返さずに、アクションキー一つで
出来るようになる機能ですが、これがあるとないとで
大分違います。
またレタリング機能とかパース機能とか便利な機能も多いです。
とはいえ、お金がない人だったら、一番やすいDebでも
十分です。アクションがないので面倒な部分はありますが
なれてしまえば問題なしです。

ただ、カラーをやるならフォトショップがあったほうがいいです。
楽で機能が多いので。


それから、タブレットが要ります。
マウスでも描けますが、ペンと同じ感じで書くとなると
どうしもてペンタブレットが欲しいところです。



まずはこれらをそろえちゃってください。
それからスキャナーも。
スキャナーは、アマゾンとかで買うよりも中古とかでも
構いません。下絵を取り込めれば、何でもいいです。
ペン入れと仕上げは全部、パソコン上で出来るので。

次の回で、コミックスタジオを使った
僕のペン入れのやり方を
書きます。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。