このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年07月15日

日米、日韓、日中に見るパクリの考察

食肉系・さん経由で知ってしまった。笑ってしまった。




中国のFF11 パクリゲーム


今から10年から20年ほど前は、欧米からパクリの帝国と存ばれた日本。
モノ真似、猿真似しかできない非創造的な国と存ばれた国民。

手塚治虫の絵柄はディズニーのパクリと存ばれ
日本の漫画やアニメなんて、アメリカの作品の二番煎じ、3番煎じばっかだった
時代もありました。まー、今もそうですが。
電子機器から車にいたるまで、物真似ばっかと存ばれた時代もありました。

そもそも、FF11なんてEQの猿真似呼ばわりされてたわけです。
ハッハッハッ。確かに、システムはまんまEQライクですしな。

ところが、最近、ライオンキングやらアトランティスみたいな
ディズニーというアニメの本家本元が日本のアニメのパクリを
繰り出してきたり、日本車みたいな車をビッグスリーが出してみたり
日本の猿真似としか思えない商品が、欧米からどんどんリリースされたり
アメコミにもセラムンのパクリみたいなのが出現したりと
随分、時代は変わったナァと、感慨深い時代なのです。


で、目線を移して、韓国、中国にまいりますと

韓国なんて、日本のパクリというか、海賊版アニメ、漫画が大量に存在し
鉄腕アトムを韓国産だとおもっている人までいる始末。

そして、今、中華と名高い中国が
自称、世界の文明の中心地と称する中国が
上記のようなゲームを日本で開始してようとしているわけです。
日本が漢字やら中国文明を真似たのは歴史上の事実でありますが
いやはや、中国が、あの中華文明が、今、日本の猿真似を開始しようと
しているのであります。

時代は変わりました。

もう最高であります。

でも歴史は繰り返す。

あと、20年くらいしたら、
日本が中国をパクリかえすのでしょうか。
向こうの方がマーケット大きいし、いずれ、中国産の漫画やらゲームやらが
日本でも人気を・す時代がくるのでしょう。

そうなったらアメリカのディズニーが
日本のナディアとかレオをパクリかえしたように
我々も喜んでパクらさせていただきます。

パクリの元祖は日本だ。

嘗めんなよ、中国。

うふwパクられたらパクりかえすのが文化文明の基本なのですねw




この記事へのコメント
いいねぇはじけてるねぇ
まねまねは文化
ちょっとアレンジすればオリジナル
古今東西まねまねまね
Posted by おらゴクウ at 2007年03月14日 00:09
ばっかじゃないの?
日本の朴李って時期は、昭和20年代末期から30年代初頭に掛けて。
つまり、戦後の1時期だけの話。

しかも、あんたが指摘しているディズニーだって、朴李なんてのは日本側にない。

手塚治虫が朴李?ドンだけ無知なんだよ
Posted by at 2011年07月17日 05:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。