このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年07月14日

本当とするならば;イラクに行った自衛官の子供に被爆畸形児

こんな世の中で、本当か嘘かもよくわからない事が多すぎる世の中で、
ただ一つ、確かにあると言えるものは、それは、自分の心しかないと思う。


イラク派兵自衛官の子どもが被爆畸形に


上記のリンクに飛んで、絶句した。
この話が本当だとするならば、やるせない、本当にやるせない話だ。

なければいいと思っていた。
個人的に、忘れようと思っていた事でもある。
イラクのウラン弾の話は。

だが、イラクにいった日本の自衛官の子供に、
奇形児が生まれたというこの話は
とても素通りできそうにない。

「イラクは安全だ」

こんな馬鹿げた話を信用する人は、ごく少数だと思われる。
あそこにいった日本人で無事に帰ってこれる人間なんて、
民間人ではいないだろう。

だが、そこに住む人間にとって
これほどの災禍が迫っているとしたら。

イラク人に、どれだけの苦しみをこれから与えつづけるのだろう。

神であるとか、正義であるとかいう言葉について思うとき、
もし、そんなものがあるとするならば、もしあるとするならば
このような、生まれながらにして、絶対に覆しようがない
先天的異常をもって生まれてくる子供達とは一体なんなのかと考える。


もし、そんなものがあるとするならば、それは何の意味があって
彼らをこの世に送り出したのだろうと思うことがある。

彼らは何の罪もまだ犯してはいないのだから。

我々が殺したとも言える、何の罪もない子供達。
石油のために我々が殺した子供達、生まれがながらにして、

DUによる重篤な先天性の奇形
Extreme birth deformities



このようなハンディを背負った子ども達がいるとするならば。
それが、劣化ウラン弾のためだとするならば。
そして、イラク戦争によって、殺された何百人という子供達が、
これからも生まれて来るこういった子供達がいるとするならば。

神や正義という言葉に、美麗字句はいらないと思う事がある。

結局、自分達に都合の悪い事を覆い隠すために
構築された理論だと悟ったほうがまだましだと思うことがある。

あの戦争は、石油のための戦争だった。
正義のためなどではないと僕は思っている。

たぶん、そんな事はみんな知っている事だけど
みんな忘れたいのだろう。

少なくとも、僕はそうだ。

しかし、
あの戦争で肉親を失い、そして、生まれてくるこういった子供達が
いるとするならば、彼らが存在するというならば、
彼らが生きていくこの世界で
正義という言葉を吐けるほど僕は人間が出来ていない。




posted by pal at 01:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
もうこの「自衛官の子供に奇形が」ネタはあちこちでくすぶっている意味のない飛び火みたいな感じで、いささかうんざりしているのですが(こぼれたミルクを元の皿には戻せず…)、私のサイトの以下のところをご覧ください。

放射線と奇形の関係は1960年代の知識で止まっている人が多い
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20050710#p1

それで納得いかないようでしたら、リベラルな軍事評論家・神浦氏のサイトをご覧ください。

http://www.kamiura.com/report.html
>これは100パーセント、ウソです。誰かがおもしろ半分に作った想像話です。

また、「DUによる重篤な先天性の奇形」のサイトにある画像とテキストについては、以下のところをご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20050702#p1
「劣化ウラン弾のせいで奇形の子供が」という画像は本当か
Posted by 愛・蔵太 at 2005年07月15日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京AB17-2939-1137
Excerpt: えーっと,それで具体的に何をすれば良いのかが全然読みとれないんですが.全ての駐留軍が,自衛隊も含めて,さっさと撤退しろって事? “劣化ウラン弾に苦しむイラク国民”をほっぽって?
Weblog: 松坊堂日乗の逆襲
Tracked: 2005-07-15 21:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。