このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年06月22日

ネタを通り越して神になった男

サンスポより

★多村が腰痛で欠場

 多村仁外野手(28)が腰痛のため巨人7回戦(静岡)を欠場。18日の楽天戦(フルスタ宮城)で違和感を覚え、20日に自宅で靴のひもを結んだとき、激痛があったという。一夜明けても痛みが引かず、自宅で静養した。山口フィジカルコーチは「ぎっくり腰。明日(22日)の試合に出るかどうかは朝の様子を見たい」と説明。



自宅で靴のひもを結んだとき、激痛があったという


自宅で靴のひもを結んだとき、激痛があったという


自宅で靴のひもを結んだとき、激痛があったという


去年、40HR100打点という
驚異的な成績で、球界に名をうった浜の5番、多村仁。

驚異的身体能力を誇り、HRを量産できるリストの強さ、
守備の上手さ、足の速さ、肩の強さは
おそらく、現役センターの中で最高の選手だと思われるが
唯一にして最大の欠点が異常な怪我のしやすさ。

怪我のしやすさから「スペランカー」という
あだ名をつけられているが、
まさか、靴ひもを結んでギックリ腰とは。

もはや、ネタではすまない神っぷりである。




posted by pal at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
わたしの知ってる教授は、朝、顔を洗おうとしたときにぎっくり腰になりました・・・(なのに、0泊3日でアメリカ出張とかさせられてます。)
Posted by riverparade at 2005年06月23日 19:50
もはや、びっくり腰ですな。

なんちゃって。
Posted by pal@管理人 at 2005年06月23日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック