このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年06月07日

日本でもシングルマザーが増えそうだね

少子化の現状と私たちの暮らしへの影響

一つ前のエントリでコメント頂いてから
上記のサイトの文章読んで、それから

世界各国の婚外子割合

とかの婚外子にまつわる話を読んだ。

感想。ヨーロッパの婚外子増えすぎ。
たった20年で、婚外子の割合が平均で4倍くらいになってるじゃん。
すげえもんだね。



日本は0.8→1.7で、二倍にはなったが、まだ全然低い。

2ちゃんのこのスレッド

【社会】事実婚や婚外子の一般化など結婚の「規制緩和」が出生率上昇促す…大和総研

でも、婚外子に関しては、否定的なコメントでまくり。
これが、日本の実情ってトコだろう。
ただ、確実に意識変化は起こっていて

最初に記したサイトから、もう一回引用しておくと

(1)結婚、出産に対する価値観が変化しています

県民に対する意識調査によると、以前と比べて結婚に対する価値観が多様化してきています。たとえば、必ずしも結婚をしなくてもよいと考える人が増えてきており、とくに男性よりも女性、中でも20〜30歳代で、このような傾向がみられます。


ってのがあるから、この状態で婚外子の規制緩和がされたら、
2〜30年程度で、日本でも婚外子が相当増えるだろうなって思う。
今、日本女性の中で意識変化が、目まぐるしく起こっていて
あとは誰が婚外子に関する法整備をするかだけなんだろう。

結局、女性ってのは子供を欲しがるもんだし、
これは本能であって、そういう方向に進むのは必然なのかもしれない。
ゆっくりだろうが、日本でも増えていくだろうな、と思う。
なんてったって、カソリックな国々でもここ20年で
新生児の10〜30%以上が婚外子になってきてるんだし。

婚外子に関しては、日本でも差別が根強いし、
2ちゃんの書き込みを見ても
「産めよ増やせよってばかじゃねーの?」
みたいなのが目立つ。

でも、現状の日本社会における
女性の価値観の目まぐるしい変容を見ていると、
今のままで進むとは思えない。

それに、現状の婚外子に対する差別は解消されるべきだ。
差別はなんであれ許されるべきではない。
日本は自由で平等な国であり、人は生まれながらに平等だという
憲法によって治められる国だから。

それに、現状の30代後半になっても結婚できない女性が13%、
男性が25%という負け犬量産社会である日本の現状を
ほっとく事もできないわけだし。

20年くらいしたらシングルマザーが増えそうな気がする。
ま、それも時代の流れって奴だから、それもいいだろう。

僕的には、SF小説とかが好きなので
体外受精とか代理母とかに抵抗が全くない。

なんで、以前、アメリカのシングルマザーの人の話で
精子バンクでIQ180の学者さんの精子をもらって
天才的な子供(IQ180)を生み、育てているって
話を読んだ時、なんかSFチックで羨ましくて、
45歳くらいまで金をしっかり稼いで、アメリカの卵子バンクで
いい卵子もらって代理母に出産頼んで、余生を子育てで終るのも
悪くねーな、なんて思った事がある。

アメリカじゃ、精子バンクが一大産業だそうだが、
そのうち日本でもそういう産業が出てくるかもねぇ。
まぁ、はやくて2〜30年先の事だろうけど。




posted by pal at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。