このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年06月06日

離婚率の減少と人口の分布考

離婚減少の意味を論じられる方はいませんか

この団藤さんのエントリを読んでから、まとめてた事で結論じみたものが
でたので、UP。


年齢別の離婚観 を見る限り、
男女共に10代は離婚への抵抗が高い。
30歳を境に男女共に離婚への抵抗が強まる。
20〜30台あたりは、離婚への抵抗が少ない。
要するに、20〜30台は離婚しやすいって事ね。

参考データ
結婚相手に満足できない場合の離婚是非、年齢別の離婚観

日本の人口分布を見る限り、昭和22〜24年までの
第一次ベビーブーム世代と
昭和48〜49年の第二次ベビーブームに頂点がある。

あと、昭和41年のひのえうまに谷がある。

参考データ
−報道資料− 平 成 16 年 の 人 口 動 向

昭和40年に始まる離婚率の上昇は、
団塊の世代が離婚しやすい20〜30台前半であった
昭和50〜60年あたりで伸びをみせている。
ここは、単純に団塊の世代が丁度、
離婚しやすい時期(20〜30代)にあったから
と理解するのが適当だと思う。

参考データ
離婚件数及び離婚率の年次推移


それと年齢別離婚観をみると30台を過ぎると
急激に離婚への抵抗が増えるから
60年を境に離婚が減ったのは納得がいく。
団塊の世代が30台を過ぎたからだろう。

その後、平成二年を境に離婚率が急上昇し始めるけど、
これは、結婚相手に満足できない場合の離婚是非が
1979年には「賛成、どちらかといえば賛成」が22.8%
だったのに対して、97年には54.2%と二倍以上になった事が一つ。
つまり、離婚への拒否感がこの時期に飛躍的に薄れたと言える。
熟年離婚の増加も、離婚への拒否感の低下からくるものじゃないかな。

もう一つは、第二次ベビーブーム世代(昭和48〜49年)が
丁度、離婚への抵抗がすくない20〜30台前半に
あたっていたから。

で、ここ数年の離婚率の減少は、
第二次ベビーブーム世代が、離婚への抵抗が
高くなる30台に入ったからだろう。

30台を境に離婚への抵抗が男女ともに急激に高まるから
彼らは、もう20台ほどは離婚をしなくなるはずだし。
実際、彼らが30台を過ぎたあたりから離婚率は停滞、減少をみせている。

過去50年間の人口分布と離婚観、離婚数を照らし合わせると
こんなトコです。

人口分布には、もう山はないから、
離婚への拒否感が、爆発的に低下しない限りは
この先、離婚率が伸びることはないと思う。





posted by pal at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(5) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

離婚の減少はサッカーW杯から始まった [ブログ時評26]
Excerpt:  厚生労働省の人口動態統計で2003年にわずかに頭を打った離婚の件数が、2004年からはっきりと下降傾向を示した。離婚の件数と率は欧米の高い水準に向かって上がり続けて当然と思われていたのに、何が日本の..
Weblog: ブログ時評
Tracked: 2005-06-19 02:13

離婚の減少はサッカーW杯から始まった [ブログ時評26]
Excerpt:  厚生労働省の人口動態統計で2003年にわずかに頭を打った離婚の件数が、2004年からはっきりと下降傾向を示した。離婚の件数と率は欧米の高い水準に向かって上がり続けて当然と思われていたのに、何が日本の..
Weblog: ブログ時評
Tracked: 2005-06-19 16:47

懐胎適齢のベビーブーマー
Excerpt: 毎度のように、ドイツ連邦人口調査局の定例の資料が出ている。どうしても話題は子作りである。若者三人で一人の年金生活者を養う為には、ベビーブーム世代と言われる現在35歳までの女性に働きかけるという。つまり..
Weblog: Wein, Weib und Gesang
Tracked: 2005-08-19 15:25

アメリカの離婚率って・・・
Excerpt: 近年は、日本の離婚率も年々増加傾向ですよね。日本の上をゆくアメリカは離婚率40%を超えていて、中でも何かと世間を騒がせているハリウッドスターの離婚率っていったい何%くらいなのでしょうか!?
Weblog: 「リコ」のブログ
Tracked: 2005-09-07 10:07

慰謝料の請求をしたい!財産分与との関係は?
Excerpt: 慰謝料の請求をしたい!財産分与との関係は? 著 者: 後藤 麻守 慰謝料というのは、精神的損害に対する損害賠償のことです。 悪いほう、つまり損害を与えた方が被害者に対してお金を..
Weblog: 離婚について
Tracked: 2006-10-29 23:25