このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年06月02日

自殺者、7年連続で3万人超

自殺者、7年連続で3万人超

年間三万人前後の自殺者ってのは、
アメリカとほぼ同じ人数です。

アメリカの総人口は、日本の二・二倍ですから、
日本の自殺率は アメリカの倍以上です。

アメリカといえば、犯罪大国。
1時間当たりの殺人事件発生件数はアメリカ1.85件。

日本0.15件と比べると、その異常さが浮かび上がります。
アメリカでは殺人事件による死者数が一年で一万人を軽く越える。

そんなアメリカより自殺率は高いわけですよ。
真面目に、この問題には取り組まなくちゃいけないんですよ。
これね。政府は特に。

これほど安全な国は他にありません。
所得格差も小さい。それなのに自殺者だけは増えていく。

それとね、自殺者ってのは、先進国では、
男性のほうがはるかに多い。

これね、男性特有の問題なんですけどね、
自殺者や精神病にかかる割合ってのは、男性のが
どこの国でもはるかに多い。
日本でも自殺者の70%は男性です。
僕の知り合いにも親父さんが自殺した人が二人います。



これね、統計的にはね、経済苦ってのが多いわけだから
そういう問題を多く抱えている家族の大黒柱としての
男性が自殺で多くなるのは
当然っちゃ当然なわけですけどね・・・

ただね、経済苦ってだけじゃ、説明できない
データがあって
男性に顕著な一つのデータとして、
伴侶、恋人がいない状態の男性って
自殺率、精神病の発病率が、同じ状態の女性に比べて
3倍以上ってのもあるんですわ。

養う家族もいない、自分ひとりの面倒さえみれればいいだけ
なので、経済苦ってのは、それほど気にしなくても
いいはずなのに、パートナーのいない男性ってのは
自殺率、精神病発病率が、異常に高い。

この部分をみた心理学者が、伴侶、パートナーのいない
男性ってのは、精神的に非常に不安定になる可能性が高いって
指摘したんですけどね・・・・

恋愛対象がいないと、不安定になりやすいのは女性って
思われがちですが、統計データ的には、
恋愛対象がいないと不安定になるのは男性のほうなんですわ。

自分もヤバイのか・・・なんて思って
マジ不安になったわけですけど。

え?いい加減、嫁探せって?


嫁!!
















考えたこともありません!!




posted by pal at 20:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
>所得格差も小さい。

何言ってるんですか。小さくないよね?
正社員はよ、ボーナスも、退職金も、ガッポリ取ってるんだからさ!
Posted by 匿名 at 2010年01月29日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。