このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年05月30日

日本の人口と男性の性的傾向のお話

経済・人口・世帯の中期見通し

ブログ閲覧者の年齢構成とか見ているうちに
興味が出てきて、日本の人口の事とか調べ出した。

ネットってのは便利だねぇ。

あと30年もすれば、日本の人口の3割は高齢者か。
加えて国庫は破綻寸前。
そりゃ、将来的に年金もらえんわ。

外国人労働者を2000万人くらいいれるか、
女性に頑張って子供産んでもらうしかねーわな。

そんな事を考えていたら、最近、どっかのニュースで読んだ
日本の夫婦のセックスの年平均の回数が30回ちょっとだって
事を思い出した。(リンク先失念)

フランスは高齢化を懸念して、色々と施策をおこなった結果、
女性が沢山、子供を産むようになったそうだが、
フランスの夫婦のセックスの年平均回数は130回前後だとか。

種つけをこれだけやってれば、そりゃ、子供も生まれるわな、
なんて納得してしまったんだけど。

しかし、日本の夫婦がセックスする回数ってのは、
少ない。

日本人ってのは、性欲が薄いのだろうか。

とはいっても、コンビニで平気でポルノ雑誌売ってるし
日本男子の性欲が薄いとは言い切れないと思うのだが、
なんでこんなに夫婦間のセックス回数が少ないのか
がわからん。

捻じ曲がった性欲の具現、つまり
性犯罪では痴漢件数は増える一方なのに
強姦とかの凶悪性犯罪の件数は、世界でも類を見ない低さだし
僕ら日本男子ってのは、文化人類学者からみると
興味深いサンプルなのかもしれない。

分析していくと、意外に面白い発見があるかもしれない。

そういや、日本男子の性的傾向に関する文化人類学の
データを以前読んだ事があったが、
特徴をあげると

「処女性」

を重視する傾向が他の国にくらべて強いそうだ。

日本と同じくらい処女性が重視されるのは台湾くらいだとか。

北欧やアメリカでは、処女性というのは
あまり重視されんらしい。
フランスのように人妻とか未亡人マンセーな国もあって
国それぞれで違う。

生物的な話をすると
処女ってのは、ようするに性的接触がないわけだから
病気をもっている可能性が低いわけで、
その点で利点がある。

だが、一方で、「子供を産む能力があるかどうか」が
わからないという危険性が常にあって、
生物的な話をすると、すでに生殖能力が保証されている
人妻だったり、未亡人だったりは、それなりに人気が
あってもよいのだが。日本でも。

北米、西欧なんかでは、
人妻とかが人気があったりするようなので
(これも困ったモノだが)
以前、紹介した「カッコウの雛論争」なんて
問題が出てくる。

ドイツみたいに新生児の10%は、他人の子供なんて
推計が生まれるのも、男が人妻に憧れる性癖が
強い国では、そりゃ生まれるだろう。

不倫なんて、吐き気を催すだけだが、
生物的な話をすると、「生殖能力が保証されている」
女性ってのが人気があるのは、そりゃ仕方ない。
生物的心理メカニズムを考えると合理的だ。

女性のウェストとヒップの理想的割合は
どこの国でも1:1.7くらいだという。
ようするに、安産型という奴は、これが理想的らしくて
男性の生物的センサーをくすぐるのは、この割合らしいという
統計もある。

要するに、男性を縛るDNAの鎖と文化によって生まれた
性的趣向の鎖とかを区別していくと、
面白い発見があるかもしれないと思うわけで。

日本で特に処女性が求められ、
なんで、人妻の人気が西欧などと比べて低いのかを
分析していくと面白いかもしれない。




posted by pal at 19:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
こんばんわm(_ _)m
私の知ってる限りでは、日本男性の生殖能力は年々下がる一方らしいです。環境ホルモンバランスの関係とか、食生活の変化とか、肥満細胞とか、たんに体力の衰え(農耕民族だったのがホワイトカラーになった)とか、社会生活の変化とか、労働時間の増えすぎて睡眠時間の慢性的不足とか、色々あれやこれや医者たちは興味深深らしいですd('∀'* 日本女性は安産型だったんですがねえ。テレビとかみてても、ふくよかなひとうらやましいです。でも、最近の女性はなにやらやたらに「ダイエット」したがるので、不思議。
Posted by あかね at 2005年05月30日 20:33
こんばんわ。

ダイエットに関してはアレですな。

春になって女性が薄着になると、
体の線が露わになるので
うちの妹ズは、大抵、春になるとダイエット始めます。

この時期の妹ズは、大変危険なわけですよ。
空腹時の狼ほど危険なものはないわけで。

体の線が露わになると、ウェストとヒップの
割合が簡単に男性に把握されるようになるので
黄金比を守ろうとして頑張るのは
いい事だと思うのですが
家族にとばっちり食らわすのは勘弁してください
と言いたい。心から言いたい。

でも、言うと凄い勢いで噛み付いてくるので
今の時期は、刺激を与えないように
適度な距離を保っております。
Posted by pal@管理人 at 2005年05月30日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。