このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年05月23日

ハブを奪われたら儲からない

世の中不思議で面白いさんから

■松下戦略転換の背景■

うわあ、ネットワーク解析を学んでいる途中だから、
この構造的な部分について、(ド素人が)ネットワーク分析してみます。
面白そうなので。

まず、

(1)競争環境の変化:大手流通の登場

の部分から。

かつての松下電器が強かったのは、ネットワーク解析的に
単純化すると、マネ下の経営手腕でもなく、いい商品を作れたせいでもなく、
単に、「ハブ」を抑えていたからです。
引用しますが、

大手家電メーカーが部品から販売まで全てを握っていたのです


世の中不思議で面白いさんの、この一言に集約されます。
消費者との販売ネットワークにおいて、一番重要なのは
販売部分です。

かつてのネットワークを簡略化して図式化しますと

    部品
     |
製造
     |
  | 
  販売
    | ←不特定超多数の消費者からのリンク多数(一本ではありません)
   消費者

ですね。

ここで、もっとも重要なノードはどこかというと
販売になります。ここがもっとも多くのリンクの集るハブです。

この状態では、販売というノードの
媒介性にもとづく中心値が桁違いにあがります。

媒介性は、ネットワークにおける関係維持の必須点を示し、
それはすなわち、関係の切断力、情報の統率力を意味します。

つまり、ですな
ネットワークにおいて、最も重要なノードを
大手量販店に奪われてしまったわけです、松下は。

これは、松下が、関係の切断力と情報の統率力を
失った事を意味します。

これが失われた以上、
もはや、かつてのようなやり方ができないのは
当然です。この二つは、価格決定権に大きく関与します。
ハブこそが、ネットワークで最も重要な部分です。
ここがネットワークの錬金術の心臓部なんです。


(2)競争対象の変化:IT系企業の参入

再び引用から

トップ企業がとる戦略を具体的に書きますと、
(1)売れる商品を垂直立ち上げ的に市場に投入して、
   他社が参入するまでのほんの短い間に大きく利益を稼ぐ


ここもネットワーク的に簡単に説明できると思います。
(まだド素人ですが)

多数の製造業者が存在し、それが分断されているネットワークでは

  IT企業参入による多数の製造業者(各ノードは分断されている)
     |  ←製造業者の数と量販店の二乗だけのリンク
     |  
    各種大手量販店(ここもノード(量販店)同士は互いに分断されている)
     |
     |  ←顧客の数だけリンク
     顧客

ネットワークを単純化するとこうなります。
いうまでもなく、大量のリンクがあつまるのは、大手量販店です。
ここが最大のハブになります。

この状態で、儲けを出せるのは量販店だけと言っても
過言ではないでしょう。

もっとも、量販店同士のリンクが断絶されているので
そう上手くも行かないのですが、とりあえず、この状態では
量販店有利のネットワーク構成です。

ですが、もし、
最初にある新製品をもってIT企業が参入してきたら
どうなるか?

  IT企業の製造業者(新製品でリンク独占)
     |  ←リンクが量販店の数だけに
     |  
    各種大手量販店
     |  ←顧客の数だけリンク
     |
     顧客


こうなります。
そうなると、ですね。
ある変化がネットワークに起こります。

媒介性に基づく中心性は、相変わらずハブ、
つまり量販店が高いのですが、このネットワークの場合、
量販店同士のリンクが断絶している為に、
量販店と量販店を結ぶハブとして、IT製造業も又、
ハブとなれるわけです。

この状態では、IT製造業にも
勝ち目が生まれます。かつては、ハブであった販売店が
系列以外の家電を扱わなかったので、製造業は
ハブにはなれなかったわけですが、量販店には
そういうのが無いので、ハブになれるようになったわけです。
しかも、新製品をもっている場合には
ネットワーク上において、唯一無二の競争相手のいないハブになれます。
儲かるのは必然です。

勿論、その後で、参入者を増やさないように
価格を下げて、棚をゆずらないのも当然ですな。
ハブとしての位置を相手に渡してはいけないのですから。
そんなことしたら、かつての松下の二の舞です。

他に、重要な事として、もう一つ、
ネットワークに拘束度というのがあるのですが、
まだ数字が理解できてない部分があるので、今日はここまで。




posted by pal at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■松下戦略転換の背景■
Excerpt: 有名blogのR30さんが[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/05/assimilation_c5ed.html#more 「ネット時代の「マネ下デンキ」戦..
Weblog: 世の中不思議で面白い
Tracked: 2005-05-25 01:28

Livedoorカードとマネ下電器の話
Excerpt: もう時間も時間なので寝ようと思っていたのだが、ふとLivedoorのサイトをみた...
Weblog: TANAKA BLOG
Tracked: 2005-10-11 02:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。