このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年05月17日

馬と男の落とし方

ずーっと、ひっかかっていた事がありました。

美咲さんのブログで男が好意をもっているかどうかを
計る方法として、

「ぐっと近づいてみる」

という方法を提示なさっていたのを読んでから、
何か、何かに似ていると思っていました。

で、ですな、やーっと思い出しだしたんですよ。

「ああ、あのエントリで書いてある男を落とす方法って
馬の調教方法そのものだ」

って。

皆さん、馬の調教方法というのを知っておられますか?

まず、人に慣れさせる事からはじめます。
軽く近づいて、馬の警戒感を無くします。
次のステップは触れてみる事。
ここまでは、あそこに書いてある方法と一緒ですな。

ちなみに馬の警戒感が無くなってきたら、
エサをやったりして、なつかせた後で
クラをつけ、はみをつけて、上にまたがって
尻をムチで叩いて乗りこなすわけです。

ここの段階におきましては、馬を男に置き換えた場合、
皆さん、どう思われますか。

想像豊かな方には、なかなか興味深い光景が浮かぶと
思います。

女性にとって、馬と男というのは、
同じようなモンなんでしょーか。

それはそれでいいですけどね、

ただ男性一般を代表して女性に言わせてもらいます。

馬と男を同一視するのは結構ですが、
上に乗ってみてから、
馬のアレと男のアレの大きさまで
同じだと思っていなさると、きっとガッカリなさると思うので、
そこの所は、自己責任でお願いします。




posted by pal at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。