このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年05月12日

ブログニュース:外務省官僚インタビュー

gaim.gif


サムネールをクリックすると始まります。

参考HP
ビル・クリントン大統領の全て

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて 佐藤優著




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「国家の罠」
Excerpt: 本日は本の紹介です。 大丸のbooks&cafeで一気読みしてきました。 国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて新潮社このアイテムの詳細を見る マスコミが報じたものは物事をある一面から見たものに..
Weblog: 世間知らず
Tracked: 2005-05-12 20:02

2030年の真実??『国家の罠』(佐藤優)
Excerpt:  以前、検察担当が長い元共同通信記者のジャーナリスト魚住昭さんの講演を聴いた。  ほとんど一人のファンとして押しかけ名刺交換してもらい、著書にサインをせがんで苦笑された。講演後も主催者の計らいでなお..
Weblog: 踊る新聞屋??。
Tracked: 2005-05-14 00:50

★★★★★「国家の罠」佐藤優、新潮社(2005/03)¥1,680
Excerpt: いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?------------------------------------------------------■今朝のカザフスタン:ウラ..
Weblog: カザフスタンで1分間書評!「一日一冊:人生の智恵」
Tracked: 2005-07-20 02:24

本「国家の罠ーー外務省のラスプーチンと呼ばれて」
Excerpt:  (新潮文庫、佐藤優)        ※序章 「わが家」にて1   逮捕前夜2   田中真紀子と鈴木宗男の闘い3   作られた疑惑4   「国策捜査」開始5   「時代のけじめ」としての「国策捜査」6..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2007-11-21 07:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。