このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年05月11日

ポータル比較

最近、朝起きると新聞読んでから
ニュースポータルをチェックする。

チェックしてまわるのはgoo,livedoor,yahoo。

この中で、最近、コンテンツが圧倒的に優れているのは
livedoor。

何が優れているのかというと、Long tail理論でいう
長い尻尾の部分を積極的にニュースポータルに
取り込もうとしているところ。

つまり、素人によって発生したブログ情報を金にしようとしている。
この点で、gooとyahooは、ライブドアに完敗しているといっていい。

他の新聞系のニュースサイトもそうだけど
素人投稿の膨大な情報ってのが、ネット時代では
金になる。

なんだから、ニュースポータル、検索技術、巨大コミュニティの三つを
抑えることが、次世代のメディア王になるための
条件なんだけど、この三つをきっちり抑えているのが
ライブドアのポータルなんである。

ただ、ライブドアのポータルは、ちょっと問題がある。
gooトピと違って検索欄が小さい。
あれじゃダメ。

ネットは読むものではなくて、利用するものであって、
「検索」という技術無しでは、すでに成り立たないものになっている。
なんだから、ニュースポータルでは、検索欄をもっとも目立つ位置に
もってくるべきで、右上の端っこにおいとくべきじゃない。

だからgooのトピックのように
真ん中、一番上にもってきて、「利用する」って部分をもっと
強く打ち出すべき。

カナロコもそうだけど、新聞は読むものだけど
ネットは利用するものであって、検索欄については
もっとも目立つ場所において、ヘルプなども
積極的につけて、「利用」するという部分をもっと
強く打ち出したほうがいい。

すでにライブドア、ヤフーは、
ニュースポータルとブログという名の巨大コミュニティを
抑えつつあり、このままじゃ、既存メディアは
ネット上での限られたパイの奪い合いで完敗することになる。

完全に市場から締め出される前に、ポータルとコミュニティの
争奪戦に加わった方がいい。

じゃないと、手遅れになるよ。
今ならまだ間に合う。

おそらく、ここ5年内の勝負になるから、これは。




posted by pal at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック