このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年04月16日

「FATMAN」映画化のお知らせ

日本を熱狂させたあの男の伝説が映像化される!!

「FATMAN」映画化決定!!

堀江文貴、彼は
幼い頃、母親に毎日まずい飯を食わされる。

その結果、社会悪の不条理への強烈なトラウマとオブセッションが、
堀江を超人的な肉体と意思を持ったヒーローへと育てた。
普段はライブポータルの総帥として裕福なプレイボーイを演じ世間の目を欺く。
だが、女好きなのは地なので騙されてはいけない。

夜、堀江の住むゴッサムシティに犯罪者達が跋扈するとき、
彼の盟友、熊谷警部はピッグシグナルを夜空に照らす。
そのとき堀江は覆面とマントに身を包み闇の騎士ファットマンへと変貌する。

彼の正体を知る者は執事の宮内やこまどり伊地知などごく少数の者達だ。


horie.jpg fatman.jpg
                                 ファットマン
 本名:堀江文貴
 昼の顔は世界的に有名な大企業「ライブポータル」の会長を務める大富豪だが、夜にはゴッサムシティを守る闇の騎士ファットマンへと変身する。幼い頃に母親に毎日まずい飯を食わされて以来、うまい物に目がなくなった。青年期には世界各地を放浪し、さまざまな学問知識を学ぶと同時に、あらゆる金融ペテンや信用詐欺をも習得した。真偽不明のIQ190の頭脳と、ぽっちゃりとでた腹とを兼ね備えた男である。基本的に単独行動を好み、協調性がない。こまどり伊地知や熊谷警部など、彼を支える仲間は数えるほどしかいない。


joker.jpgジョーカー
 本名:日枝 久司
 ファットマン最大の宿敵。“メディア界の道化王子”という異名を持つ。史上最も危険な犯罪者の一人であり、混沌と無秩序を愛し、その動機や行動を予測することも困難である。コメディアン志望の男が、ある強盗事件の際、エース化学工場にあった毒性の廃液タンクのなかに落下し、邪悪なピエロのような外見(白い肌、悪意に満ちた笑い顔)となり、精神に破綻をきたしてジョーカーになったと言われているが、真相は不明である。ジョーカーが作った神経毒「CXガス」を吸った人間は、笑いが止まらず遂には死亡してしまう。


peng.jpgペンギン
 本名:損正義
 丸い体躯に、単眼眼鏡、タキシード、剥げがトレードマークの犯罪者にしてファットマンの最大のライバル。損正義の父親も剥げていたのだが、母親は病気になった原因は雨に当たったせいであるとして、幼い損正義にいつも傘を持たせるようになった。また、損正義は生まれつき禿げていたために、同級生からいじめられ、友達がいない彼は8歳にして株に手を染め始めた。成人してからは、株をモチーフにした犯罪に手を染めるようになり、やがては株式市場のボスの一人としての地位を築いていく。ゴッサムシティが無法地帯と化した「ノー・マンズ・ランド」の時期は、債権市場の売買を取り仕切っていた。現在は、表向きには「ハードバンク」というIT企業を経営するビジネスマンだが、その裏では違法な取り引きも手がけており、株式市場では大きな影響力を持っている。



ご期待ください!!




posted by pal at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック