このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年12月04日

Wiiソフト「SDガンダム」レビューその2(若干ネタバレ有)

ゼルダはほっぽっておいても売れるだろうから、本日のSDガンダムレビュー。





若干、ネタバレを含むので、嫌な方は読まないで下さい。



ゼルダは、時間がかかるので、年末にどかっとやることにして、こっちをチビチビやってます。ゼルダほど時間がかからず、楽しめます。やってると腕が痛くなるので、自動一時間終了タイマーが付属されてます。


先日も扱いましたが、バカゲです。心底馬鹿ゲーです。いい意味で。


開発者に「お前は2ちゃんねらーか」と突っ込みたくてたまりません。いい意味で。


ガンダムゲーというと地雷だらけで有名ですが、海外ゲームサイトで、低得点をゲットしまくったPS3の「機動戦士ガンダム ターゲット イン サイト」を超える地雷と言えるでしょう。いい意味で。


このゲームのいい点は、ありとあらゆる意味で、開発者がニッチを狙ったところ、余分なところを削り、お馬鹿な要素をてんこもりにしたところです。勿論いい意味で。


mokubaneta.jpg

これ、何だと思います?


ホワイトベースです。ジオンに部品を盗まれたそうです。この設定からしてアホです。しかも、これが木馬とか呼ばれます。木馬じゃねぇだろ。木馬じゃ。全員アホかと。ごめん、アホですね。馬鹿っぷりを最後まで楽しませてもらおうと思います。いい意味で。



ストーリーの中核は、テム・レイ(アムロの親父。だがファーストで最も印象の薄いキャラ。)とアムロの漫才です。シナリオ書いた奴は馬鹿です。どこの同人ゲーかと。いい意味で。



メインウェポンは、ガンダムハンマーです。いわゆるガンダム黒歴史。二足歩行ロボットが作れる科学技術がある世界で、なんで鎖に鉄の塊つけただけの物が兵器として作られるのかと。これをメインに選択した時点で、アホです。いい意味で。



「ビームライフルとかビームサーベルとか無いんだ・・・」


「理論的にガンダムは無敵だから大丈夫だ!」


「諸君らの愛したガルマは入院した!何故だ!?」  「坊やだからさ」



ずーっと、このノリです。シナリオライター、どこの同人作家かと。いい意味で。


烈しくリモコン振り回して、ガンダムにハンマー振り回させるゲームので、これはもうスポーツです。もれなく筋肉痛もついてくる、お得なソフトです。いい汗かいてください。超おすすめ。


あと、繰り返しますが、周りに注意してください。リモコン振り回す系のソフトは、まじ危ないです。一度、机にうちつけてしまい、ひやっとしました。十分、ご注意を。


タグ:game Wii
posted by pal at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック