このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年11月18日

ゼルダクラシックの「The Hero of Dreams」が凄い、素晴らしい!!!!

http://www.nintendo.co.jp/wii/rzdj/index.html


えー、こないだっから、ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスの情報が公式にもあがっているわけですが、ゼルダが待ちきれないので、ゼルダクラシックに手をだしてた管理人です、こんばんは。




ゼルダクラシックってのは、要するに、

「PCで再現されたゼルダの伝説が遊べる」
「誰でもゼルダの伝説のシステムを作って新しいクエストを作れる」


フリーソフトです。GUIを使っているので、プログラムとか出来なくても問題なくゼルダが作れるソフトです。



流石に、時のオカリナみたいな3Dのゼルダは再現できていないのですが、スーファミくらいのゼルダであれば、かなりの精度で再現されています。勿論、完全とまではいかず、回転切りとか物を持ち上げて投げたりはできないのですが。


それでも、基本的な部分は問題なく再現されており、かなり凄いフリーソフトであると思います。



で、トワイライトプリンセスが待ちきれない上に、ゼルダがしたい熱が高まってきたので、ゼルダクラシックをインストールして、海外のゼルダファンが作った色んなソフトを遊んでいたわけです。



クエストデータベースに行けば、大量のクエストがありまして、全部遊ぶことは到底できねーって勢いなんですが、その中でも、評価の高いものを幾つか試して遊んでいたんですよ。


大抵は、レベル3〜4くらいまで、止めてたんですけどね。


いやね、つまんないってわけじゃないんです。


ゼルダの伝説って、システム的には謎解き+アクションであって、それは初代ゼルダの頃に完成され、洗練されていたシステムなんで、ダンジョンを上手く作れる人なら、それなりのものが出来ているんです。



ただ、難易度が凄いのが多くて、「お前、やりすぎだろ!!」って感じで、途中で止めちゃうんですよ。頭オカシイってレベルの難易度のゲームが多くて。



ただ、そんな中でも、僕に衝撃を与えてくれるソフトがあるわけです。いや、本当によかったーと思えるゲームが。


それが、「The Hero of Dreams」。



いや、びっくりしましたわ。これ、凄い、本当に凄い。信じられない。



ゼルダクラシックって、システム面では、GUIのゼルダクラシック縛りをうけるので、ものすごいアイデア勝負なんですけど、ダンジョンの作り(レベル8と9を除く)やボス戦が素晴らしい。


特に、ボス戦。普通のゼルダのボス戦に、パズル的な要素を加えることによって、非常に面白く感じさせるようにデザインされています。難易度は高くなってますが、それでも、こういう風に作られると唸ってしまいます。いや、実によいボス戦があります。レベル3、6、7がお気に入りです。



また、ストーリーも非常によく出来ています。過去のゼルダ作品をやったことがある人なら、思わずニヤッとしてしまうアレがしこまれているし、伏線がきっちり張られていて、実に美しい。



ゼルダの伝説の主人公であるリンクは、それぞれの作品ごとに違うリンクであったりしまして、「The Hero of Time」が時のオカリナのリンク、「The Hero of Light」が神々のトライフォースのリンク、「The hero of Courge」が初代ゼルダのリンク、「The Hero of Winds」が風のタクトのリンクになります。


でもって、The Hero of Dreamsというのは、「夢の勇者」って訳すのがいいかとお思いますが、この作品のリンクは、「夢の勇者」と呼ばれることになるリンクのお話なんですね。


時の勇者のリンクが、時代を行き来し、光の勇者のリンクが光と影の世界を行き来したように、夢の勇者であるこのゲームのリンクは、夢の世界と現実の世界を行き来しながら、物語の核心部分に迫っていきます。




どうでもいいですが、この作品でも、相変わらずゼルダ姫の野朗は、さらわれるしか脳がありません。



いい加減、ゼルダ姫の公式プロフィールに「特技・誘拐される」と書いておいたほうがいいんじゃねぇかと思う次第です。まぁ、時のオカリナのゼルダ姫とかは、アクティブなほうですけども。




今から、始めれば、多分、ちょうど12/2あたりにはクリヤーできると思うんで、ゼルダ熱に浮かされている方などは、是非プレイしてみてください。


本当に素晴らしい出来です。ファミコンやスーファミ時代のゼルダが好きな方は、是非プレイしてみてくださいな。


ダンジョン攻略、ボス戦、ストーリーが非常によくできていて、一人で作ったゲームとしては素晴らしい出来です。


文句をつけるとすれば、レベル8、レベル9のダンジョンの難易度が、ちょっと鬼杉な所があって、ゲーム性が失われているって点でしょうか。


まぁ、とにかく、非常によく出来ています。ゼルダファンにはお勧め。




そういや、近作のリンクは、やっぱ「黄昏の勇者」とか呼ばれることになるのかな。トワイライトプリンセスだし。それとも「狼の勇者」かな?






タグ:ZELDA
posted by pal at 21:18 | Comment(1) | TrackBack(3) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
ゼルダクラシックについて日本語で解説しているサイトです
http://www.geocities.jp/zeldaclassic1/
Posted by とりはだ at 2011年03月19日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゼルダの自作ツール
Excerpt: ゼルダクラシックというらしい。ダウンロードしてちょっとのぞいてみたけれど、これはすごい!ディスクシステム版ゼルダとスーファミ版ゼルダの中間ぐらいのことは、このツールで構成できるみたい。 http..
Weblog: NAGTOSKETCH
Tracked: 2006-11-19 16:49

HERO
Excerpt: HERO)* ヒーローは英語で「英雄」を意味する言葉。* 甲斐バンドの代表曲。正式なタイトルは『HERO~ヒーローになる時、それは今』。* 麻倉未稀の代表曲でボニー・タイラーのヒット曲『Holdin..
Weblog: はるかのblog
Tracked: 2007-08-17 07:54

FIFTH EDITION: ゼルダクラシックの「The Hero of Dreams」が凄い、素晴らしい!!!!
Excerpt: FIFTH EDITION: ゼルダクラシックの「The Hero of Dreams」が凄い、素晴らしい!!!!
Weblog:
Tracked: 2012-05-02 10:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。