このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年03月24日

眠れる第四権力、遂に目を覚ます?

epic2014
発表され、この興味深いフラッシュの中で、

 2010年のニュース戦争は、実際のニュース機関が参加しなかったという点が特筆すべきだ。


とされた。(EPIC2014の日本語訳はこちらのブログからどうぞ)

が、epic2014の想像より5年早く、アメリカの眠れる第四権力は目覚めた。
もう手遅れかもしれないが、彼らは、最初の反撃に転じようとしている。

米新聞3社、ニュース専門サイト買収

4億ドルでネット企業買収 NYタイムズ

これらの動きはネット事業を強化し、ニュースポータルサイトを握るのが
狙いと見られる。

グーグルの増大する挑戦と新聞を読まずに
ネットのみから情報収集をする世代の増加が、
この買収劇の背景にあると思われるが
アメリカの上位新聞各社がこれからの時代に適応するために
どう変化していくか、興味のあるところ。

日本では、神奈川新聞がブログを使ったHP「カナロコ」を始めているし
最近話題のLDがメディアを傘下におさめようとしている。

いずれ、日本でもアメリカのようにメディアのネット取り込みが
本格的に始まると思われるが、
その動きの前に合法的乗っ取り屋、金融、株のプロである
IT企業の先駆者、三木谷、孫正義などが
メディア買収に動くかもしれない。

野次馬としては、そっちの動きに
期待しちゃうところもあるわけです。




posted by pal at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(4) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

EPIC2014。マスコミは姿を消すのか?
Excerpt: ホームページ制作 「2014年、マスコミは姿を消してしまった。第四の権力は衰退する運命にあり、20世紀的なニュース期間は過去のものとなった…」。EPIC2014というメディア..
Weblog: ガ島通信
Tracked: 2005-03-24 18:01

新聞に未来はないのか
Excerpt: 新聞というメディアに未来はないと言われる。 いずれ紙でニュースを読むのはパソコンを扱えないシニア層だけになってしまい、ほかの世代はネットで無料でニュースを読むよ
Weblog: メディア探究
Tracked: 2005-03-24 18:47

ブログvsマスコミ
Excerpt: ブログ時評さんが「ブログの現状はそれほど素晴らしいか」と書かれました、確かに中身
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-03-24 19:40

サイバーレボリューション 2003.6.X 初出
Excerpt: というわけでIT革命というのは 今後社会のあり方をどう変えていって しまうのだろ...
Weblog: 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
Tracked: 2005-06-10 22:26