このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年03月21日

伝説の男

「もし、貴方と神がチェスで対戦したらどっちが勝つと思いますか?」

「私が先手なら引き分けだ」


そう答えた男こそ、伝説のチェスプレーヤー、ボビー・フィッシャー。
神と互角に戦えると豪語した男。

推測IQは187。
ほとんど独学でチェスの知識を身に付けると
14歳からチェスの全米選手権で8連覇。

1972年、チェス史上に残る世界選手権タイトルマッチにて
当時のロシア代表スパスキーを破り
(それまではずっとロシアがチェス世界チャンピオンだった)
偉大なる英雄と祭り上げられる。

奇行で有名で世界選手権では
「サケは魚の王様だ。私はチェスの王様だ」
といって、サケ料理ばっか食べたり
対戦の時には、スパスキーが
「椅子に毒が仕掛けられている」
と主張すると
フィッシャーは
「向こうは隠しマイクで助言を聞いている」
とやり返した。

圧倒的な強さを誇っていたが、1975年、世界選手権の運営方法を巡って
世界チェス連盟と対立。その後、姿をくらませた。
反米的な言動で有名で、公的な命令文書を突きつけられた時、
「これが答えだ」
と言って、命令書に唾を吐きかけた事でも有名である。

その後、フィッシャーが姿をあらわしたのは
1992年、国連経済制裁下のユーゴスラビア。
そこでスパスキーと再戦し勝ち賞金約300万ドルを獲得したが、
これが経済制裁に違反するとして米司法当局から逮捕状を出されてしまった。

2004年7月13日、
フィッシャーは成田空港で出国の際に
無効なパスポートをもって入国したとして、
入管法違反で上陸許可を取り消され拘束され、現在にいたる。

3/15日、アイスランドへの出国をもとめる申請が不許可となり
八方塞の状態になっている。

あー、なんとかならんものかー。




posted by pal at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。