このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年06月11日

SCEI 久夛良木健氏インタビュー

最近、はてBがソニーと任天堂のマーケティングツールと化してきたのか、久夛良木健氏のインタビューとか任天堂の岩田社長のインタビューとか速攻ホッテントリに上がってきます。


単に、みんなの注目度が高いだけという話でもあるのですが、とりあえず、それはおいておき、今回は久夛良木健氏のインタビューのご紹介。


史上最高の釣り氏なんて呼ばれてますが、今回のインタビューは,
「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」からです。


コンフィギュレーションが可能なPLAYSTATION 3
〜SCEI 久夛良木健氏インタビュー(1)



ビジネスモデルを変革するためのPS3の価格戦略
〜SCEI 久夛良木健氏インタビュー(2)



PS3は「e-Distribution」のためのプラットフォーム
〜久夛良木健氏インタビュー(3)




まぁ、いつも通りというか、「コンフィギュレーション」という単語がわからない人には、題名からして敷居の高い記事となっております。

英語ではconfigurationってのは 構成、配置くらいの意味合いなんですけど。

従来のゲームハードは、ライフサイクルが5年でハードの構成は、その間変わりません。一方、どんどん部品コストは下がっていくので、2〜3年もすると物凄い安い値段でハードは作れるようになるわけです。当初は赤字でもいいのはそういう理由で、最初に安い値段で売ってシェアとって、2〜3年くらいしてハードの製造コストが安くなったら、そこからがコスト回収期って感じになるわけです。


記事の中で、この点について問題視されており、HDDを搭載したPS3は価格を落すのが難しくなっています。HDDは半導体と違ってコストが下がらないんですね。従来型のゲームハードビジネスがやりにくいはずなんですが。

で、その答えが。


【久夛良木氏】 だって、僕らはゲーム機って言ってないじゃない(笑)。PS3は、今までのPSと違って明快にコンピュータだから。



正直、答えになってねえとか思うんですが。


そのおかげで価格帯が6〜7万円代になってしまい、もうゲーム機という名前では売れないので、エンターテイメントコンピューターとか言い出していると解釈してよろしいでしょうかね。


それとですね。



【Q】 “ゲーム機の価格”という概念を破るのは極めて難しい。ユーザーは、これまで、299ドルや199ドルといった価格に慣れ親しんできたから。

【久夛良木氏】 ジョブズ氏(Steve Jobs氏。CEO, Apple Computer)が、(PS3に)Appleのロゴをつければ、(ユーザーは)2,000ドルでもいいと言うと思う。でも、PLAYSTATIONブランドでは、それはできない。それが、PLAYSTATIONブランドとAppleブランドの、コンピュータにおける差でしょう。でも、PS3は PLAYSTATIONブランドであるがゆえに、PLAYSTATIONとして売れると思う。



いや、売れるはずないと思うんだけど。

アップルのロゴがついてるだけで、ゲームハードが2000ドルで売れるんですか?PCならまだしも、ゲームハードじゃ無理です。

ああ、PS3はゲーム機じゃなくエンターテイメントコンピューターでしたね。だったら、新しいブランド作れよとか思いますがね。


とりあえず、PS3が目指すのは、Cell搭載のMacという事だけはわかりました。


足りないのはジョブスだけですね。

ところでワードとエクセルとフォトショップ動くんでしょうか?動いても買う気しないんですが。


というか、そういうのは「VAIOでやれVAIOで」と突っ込むのは無粋でしょうか。



そもそも、パソコンですら、ノーパソへの移行、つまりスペック競争から小型化やら、持ち運びできる利便性へのニーズの変化が顕著なわけで。

DSの成功などを見ても、日本市場での据え置き型ゲームから携帯ゲームへの移行が顕著な中で、あんな糞でかいハードを出すってのは時代に逆行していると思うのですが。

事実上、日本市場でPSPが完全にDSに敗北しちまったんでしょうがないとは思いますけど。


まぁ、それが最近のソニークォリティなわけで、時代の最先端を逆走するトップランナーってイメージなのですが。僕の中では。


とにかく、インタビューを通じて、性能史上主義だなあと思います。性能を上げるのは、別に悪いとはいいませんが、技術をどの部分にふるかという点で、何だか致命的な間違いをしている気がビンビンします。


VAIOブランドはMACに遠く及ばず、ネットワークウォークマンでipodに完全敗北し、PSPはDSに叩き潰され、これでBDとPS3がコケたら、どうなるんでしょうね?



なんつーか、今の状況だと、1年くらい後に「神話崩壊」ってタイトルのソニーの暴露本が大ヒットしそうな気がしないでもありやせん。すでに書き始めているライターさんとかいたりしてね。

まぁ、その手のソニー本も最近は多いんですけど。


ソニーに明るい未来があることをお祈り申し上げます。従来の常識を打ち破ったエンターテイメントコンピューターPS3が売れるといいですね。




posted by pal at 00:42 | Comment(1) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
ニアーユ、ヌ、ケ。」
Posted by フセフオ、キ at 2006年06月11日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

SCEの久夛良木社長を語ろう!
Excerpt: 久夛良木 健(くたらぎ けん) SCEの代表取締役社長 家庭用ゲーム機のシェアを独占したプレイステーション その開発元のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)を 設立し、ゲー..
Weblog: Yaibaブログ
Tracked: 2006-09-23 04:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。