このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年03月31日

米国債のアレ

中岡さんのところで、アメリカの話がでてたんで、
ちょろっと触れておくけど
(イソログさんの話の前に必要なんで)


アメリカ経済の成長は持続するか


アメリカ経済で、今、個人的に注目しているのが、
米国債の件とストックオプションの費用化の件。

後者は、すでに市場で織り込まれ墨って人もいるが
それは後で。

よくアメリカの堅調な消費は、住宅バブルによって
引き起こされているって言われる。
無論、これにも異論はある。

あの国の消費の8割は、上位数%の富裕層によって行われているらしいし
一般消費者のアレなんてたかが知れているってアレもある。


債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら :アメリカの憂鬱・・



ただ、やっぱり、この記事でぐっちーさんが指摘しているように


流通残高統計で、アメリカ国債の全流通量(およそ4兆1000億ドル・・・約500兆円位です)のほぼ50%にあたる2兆600億ドルが外国人保有である、という何とも驚くべき発表があったのです!!



アメリカ国債の流通量の50%が外国人保有。
結果として、FRBは、金利コントロールがしにくくなっている。
金利上げても、経済が沈静化しない。
バブルまでいっちゃうかもー、みたいな。

長期金利があがんないので住宅バブルがとまらない。
このままいくと焼け出されるのは一般ピープルみたいなみたいな。

金利コントロールができないとFRBはインフレとバブルを止めらなくなる。
アメリカ経済が派手にバブルでスッ転んでみたいな。

どうなることやら。




posted by pal at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米国の住宅市場
Excerpt: 米国経済の懸念としてよく話題になるのが、住宅市場。 米住宅市場はバブルではないか? バブルが崩壊しつつあるのではないか? 先週も、住宅関連の経済指標に、市場が一喜一憂するような展開も見ら..
Weblog: 為替王
Tracked: 2006-03-31 18:40


Excerpt: 国債中に発行された日本の戦時国債(戦争国債)。戦後のインフレにより、ほぼ無価値となった。国債(こくさい)は国が財政上の必要から発行する債券で国の運営に必要な資金を集めるために発行される。正式な名称は「..
Weblog: 証券会社完全ガイド
Tracked: 2007-07-25 11:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。