このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年02月26日

絵のグレー表現

Je n’avais pas l’intention d’aller à la mer. - ラフのほうがよかった、と言われる屈辱


メモ的に。


mi01.jpg

ちょっとミケランジェロのスケッチを例にだすが
上が、白黒のペンタッチ風のやつで、下が木炭なんかで
やった奴らしい。

グレーを木炭でだせる下のラフのほうが、遥かにきめ細かい表現が可能になる。
塗ってグレーを表現できるのが非常に都合がいい。

一方で、黒白だけで表現しようとすると、線を書き込んで
グレーを表現しなければいけなくなる。

これ、一歩間違うと、ただ汚いだけになるため、あまり優れた表現とは言いにくい。
特に、女性の裸体のような表現では、線で陰影をつけて綺麗な絵を描くのは不可能にちかい。

というわけで、ラフの方がいいと言われても
あんまり気にする必要はないんじゃないかと桃割れ。
グレー表現が可能な状態の絵のが綺麗に見えるのがふつーかと。




posted by pal at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。