このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年01月06日

コメントの事

ここ数日、随分、うちのブログを訪れてくださる方が
いて、嬉しい反面、色々と考えることがあります。

特に思うのがコメント欄のこと。


漫画というレッドオーシャン


こちらのエントリを沢山の方に読んでいただいたり、
コメントを沢山頂けたりして、本当に有り難いのですが、
その反面、コメントを沢山頂いて
それに一つずつレスしてて思うんですが。

うちみたいに、コメントが滅多にこないブログなら
まだいいですけど、アルファブロガ―クラスになると
日常的に20個前後のコメントがつく人もいるわけで
それに、ひとつづつ丁寧にコメント返している人とかすげーと
素直に思います。

特に鬼嫁日記のカズマさんなんて、
200くらいのコメントに大して
全部レスしている人で、マジ尊敬。
出来ない。あれは出来ない。
数十件ならまだしも100単位のコメントに全部レスするのは
絶対無理。

僕個人、他のかたのブログにコメント書くときは
やはり、ブログ主さんからコメント返して頂けると嬉しいですけど
アルファクラスになると、それこそ数十件のコメントにレスを
返さないといけないわけで。

それは、エントリ上げるより大変な作業になるんじゃないかとか
思うわけです。

そこまで行くと、コメント欄でのコミュニケーションと
エントリ作成のバランスが崩れていく。エントリ作成に
費やしていた時間を、コメントのレスに費やさないといけなくなって
いって、どうしてもエントリの質が落ちる。

価値とコストのトレードオフが、
ここでも起こってしまうんですよね。

マンモス級のPVを誇るブログとかは、
そのうち、コメント欄専門のブロガ―とかを
雇うようになるのかなーなんて思ったりもします。

いや、コメントを返さないというやり方も有りだとは
思うんですけど。

結局、どっちがいいかなんですよね。
時間が限られている以上は、どこかで
何かを捨てて、何かを取るのかを選ばないといけない。

そういう意味では読者とコミュニケーション取りながら
エントリを書けるPVは2000くらいが限界なのかなーと
思ったりもします。





posted by pal at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

New Entry >> Comments # IMHO
Excerpt: 現在のblogの仕組みを考えると、コメントにコメントを返すより、新たなEntryをこさえちゃった方がいいかも知れない。少なくとも私はそうしている。 partygirlの日記 - コメントに返事をもら..
Weblog: 404 Blog Not Found
Tracked: 2006-01-07 01:37

年賀状とTB&コメント
Excerpt: やっと年賀状の返事を書き上げ、投函。しかし、ブログ始めてなんか年賀状の返事ってTB返しに似てるう。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2006-01-07 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。