このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年01月02日

アルファブックマーカーがもつ力

「はてブ」が新聞社サイトを殺す可能性

踊る新聞屋さんから、こんなTB頂いたので
僕個人の見解を。

以前にも扱わせて頂いたこちらの記事で分析されているけど


ブログトラフィックのバリューチェーン


ソーシャルブックマークからのトラフィックは
いまや馬鹿にならない。


はてBには二つの側面があって、一つへネット上の情報の編集機能。
もう一つは、情報流通機能、つまりトラフィックの増幅機能だ。


新聞社の場合、前者は、編集部とデスクが担っており、
後者は、宅配システムとなる。

で、ここで、はてBの機能を順番に抑えていくと
はてBでは、ブックマーカーのブクマした数で
3ユーザー、あるいは5ユーザーが超えると
注目のエントリに登録され、はてBのトップに載る。

あるいはHatena Bookmark News
で扱われる事になる。

そうなると、そこからトラフィックが一気に増幅されて
場合によって、100〜1000人くらいの人が飛んでくる。

最近の人気エントリ(20ユーザー以上とかにブクマされた奴)に
なると、トラフィックがすごい跳ね上がる。

また、注目のエントリとかになると
時々、大手のニュースサイトに扱ってもらえることが
あるんだけど、そうすると、やはりトラフィックが激増する。

こんな小さなブログでも、突然、3000人くらいがやって来て
去っていく日があった。

その日のトラフィック増大をまとめるとこうなる。
2日間くらいにわたって行われたんだけど。

はてBでブックマークされ注目のエントリ行き

多くの人の目に触れる。
その中に大手ニュースサイトの管理人さんがいる。

大手のニュースサイト管理人さんが
うちの記事を扱ってくれる

大手のニュースサイトから人が流れ込む

大手ニュースサイトを見ているブロガ―さんまで
うちの記事を読んでブログで扱ってくれる


という連鎖反応が起きて、その日のトラフィックが
3000ユニークとかになって、かなりビビッタ。

うちのブログのユニークユーザーは500人前後
みたいなんだけど、それが6倍近くに増える。


このあたりの事を考えていくと
ブックマーカーというのは、編集者としてだけでなく
情報、トラフィックの流通者としての側面もすでに
もっている。

去年はブログ界でのトラフィックリーダーとして
アルファブックマーカーが強かったが、
その力は、徐々に失われていくんじゃないかと思っている。

これからは、編集機能と流通機能を併せ持つブックマーカーが
ブログ界でのトラフィックで重要な機能を果たしていくのではないかと
思っている。


そして、ブックマーカーの中には
Hatena Bookmarker Ranking
あるように、沢山の人に「お気に入り」に登録され、彼らがブクマした記事を
好んで読む人たちを沢山抱えている人がいる。

こういう人を僕は勝手にアルファブックマーカーと
呼んでいるのだけれど。

その一人にlaisoさんがいるんだけど
laisoさんのブックマーク↓

http://b.hatena.ne.jp/laiso/

を見ると、200人もの人がお気に入りに登録していて
彼にブクマされた記事は、200人くらいの人に
はてBのお気に入り機能を通じてデリバリーされる事になる。

お気に入りに沢山登録されているブックマーカーは
はてB界隈では、物凄く強力な影響力をすでに持っている。

laisoさんがブクマすると、それが他の200人のブックマーカーに
デリバリーされ、それをブックマーカー達が見て、読んで
ブクマし、その人のお気に入りを通じて、さらに多くの人が読み〜
みたいな連鎖をおこせるだけの凄いパワーを、
沢山のお気に入りをもっているブックマーカーさんは持っているわけである。



はてBが新聞社サイトを殺すかどうかは別として
ニュースの編集機能とニュースの宅配機能とは
ガチで競合している。

まぁ、それでも、やり方は色々ある。
いくら、はてBが強いといっても全部抑える必要はない。

結局、ネット上のあらゆるネットワークがそうであるように
はてBもスケールフリーネットワークであり
はてBの中心部にいるブックマーカーさんを中心とした
情報ハブに支配されるネットワークなのだ。

スケールフリーネットワーク(はてなキーワードより)

彼らがいなければ、はてBのネットワークは上手く機能しない。
んだから、極端な話、そこだけ抑えればいい。


編集機能をはてBに奪われるのが嫌なら、はてB使って
「お気に入り」を沢山抱えるアルファブックマーカーに
新聞社のデスクだの編集者がなっちゃえばいいだけの話。

アルファブロガ―とアルファブックマーカーだけ
新聞社やニュースサイトの運営者が抑えればいい。

情報のハブだけ抑えればいい話なのだ。
これは、今も昔も変わらない。
場所が新聞社の編集室からSBMに変わっただけだ。


なれなかったらどうするかって?
いや、そこまでは面倒見切れません。




posted by pal at 18:34 | Comment(2) | TrackBack(2) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集
この記事へのコメント
>去年はブログ界でのトラフィックリーダーとして
>アルファブックマーカーが強かったが、

ここはアルファブロガーですか?
Posted by おぞん at 2006年01月04日 02:48
はい、タイプミスです。

Posted by pal@管理人 at 2006年01月04日 03:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「はてブ」が新聞社サイトを殺す可能性
Excerpt:  先日から右サイドバーの目立つとこに「ADD TO Hatena::RSSボタン」をつけてみた。 「はてな」の使い方はいまいち分からなかったのだけど、最近「はて
Weblog: 踊る新聞屋??。
Tracked: 2006-01-05 23:52

はてなブックマーカーに恋をする??「はてブ」が新聞社サイトを殺す可能性
Excerpt:  自分が最初に気がついたと調子こいてたら、半年以上前に<つまり、ソーシャルブックマークは「ニュースサイト」のコモディティ化を実現したツールと言えると思う。=FP
Weblog: 踊る新聞屋??。
Tracked: 2006-01-10 01:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。