このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2007年01月10日

任天堂 純利益 大幅増 上方修正

速報です。


https://www.release.tdnet.info/inbs/110a0550_20070110.pdf


ここ数日、PS3の北米100万台発表もあってか、株価が下げてた任天堂ですが、このタイミングで、さらに純利益大幅増のリリース出してきました。


まぁ、予想なんで、株価対策なんでしょうけど、しかし、まぁ、予想が強気どころじゃないです。っつーか、内容見て、ちょっと唖然としてますわ。ここまで売りますか。予想とはいえ。


簡単に総括しますが、

DSは2000万個売上を2300万個売上に上方修正。

DSソフトは8200万から1億本売上に上方修正。


Wiiは、600万個売上は変わらずですが、Wiiソフト売上が1700万から2100万に上方修正。


ちょっとソフト・ハード共にDSはクレイジーな数字になりました。特にDSソフトを一億本ってのはクレイジーすぎです。

昨年度のソフト・ハードの販売実績の二倍です。一年で。正直ありえない。

また、Wiiはタイレシオが非常に高く、何処行っても売り切れな現実。もっと作っとくべきだったという奴ですね。ライン余裕あるらしいし。この調子なら800万台いけたでしょう。


このリリースで400億上方修正、配当金480円と発表されたんで、株価は戻すでしょうね。

http://www.vgcharts.org/japweekly.php

VGchart見ても、年末商戦は、任天堂の一人がちです。いや、毎年、年末は任天堂が強いのですが、ソフト売上20位までで、任天堂ハードが16個を占めてます。

サードソフトのDQMJが一位を取っていて、他にもサードソフトがDSで売れるようになってきています。今年は、サードがガンガンDS市場にソフトを入れ始めるので、今年は、ロイヤリティ収入だけでも、相当な金額が任天堂に入ってくる年になるでしょうね。


ポケモンが430万本突破というのもクレイジーな数字です。ポケモン初代は1000万本、日本で売った唯一のソフトなわけですが、それにどこまで迫れるかが見ものです。





タグ:game
posted by pal at 16:30 | Comment(1) | TrackBack(4) | ゲーム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。