このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年03月28日

FF12論争の論理的欠陥@相対基準と絶対基準

naoyaグループ - naoyaの日記 - Amazon の FF のレビュー


naoyaさんの、このエントリから始まった一連の論争だったが、
そろそろ、論理的欠陥がはっきりしてきたので、
一応指摘しておく。


タグ「naoyaff12事変」を含む注目エントリー

FF12事変については、はてBの上記のタグにまとめられているので
そちらをご覧下さい。


まず、古くからよく言われる数学的帰納法のパラドクスを
皆さんにご説明。

数学的帰納法を使うと、「頭に髪の毛が一本でもあればハゲではない」事が
証明できる。


逆説と数学的帰納法



上記のページに詳しいが、


 髪の毛の本数をM本とする。(Mはフサフサと呼べるだけの十分大きい自然数とする、分からなければ、M本=百万本と思ってもいい)
 抜ける髪の毛の本数をn本とする(nは自然数)
 1)n=1の時、1本抜けたからハゲになるかもしれない!とあわてることはないので命題は成立する。
 2)n=kの時、k本抜けたからってハゲではないと仮定する。
   n=k+1の時、1本くらいの少なくったってそう変わりはないので(試しに1本、自分の髪の毛を抜く前と抜いた後を鏡や写真などで見比べてみよう。変わらないはずだ)、よってn=k+1の時も成立。
 よってすべての自然数nについて命題が成り立つ。
すべての自然数nについて成り立つのだが、さすがに1本もなければハゲというので、n≠Mとしておこうか。しかし、数学的帰納法上
 「頭に髪の毛が1本でもあればハゲではない」
が成立するのだ。


となって、完全に数学的帰納法上、

「頭に髪の毛が一本でもあればハゲではない」

が証明される。


さて、皆さん、この論理の欠点はどこにあるか、おわかりになるだろうか?
察しのいい読者の皆さんは、多分、簡単に指摘できると思われる。

答えを知りたい方は、続きを読むからどうぞ。
その後、本編。






続きを読む


posted by pal at 17:54 | Comment(2) | TrackBack(2) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

情報ストックツールアレコレ

フローメディアとストックメディア

こっちのコラムでも書いたけど、
やっぱ、既存のネット上の情報ストックツールって
使いにくい希ガスる。


続きを読む
posted by pal at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。