このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2006年01月17日

LDあれこれ

なんか、ホリエモン関連で騒がしくなってきてるけども。
もっと酷いのは株式市場。


東証急落、1万6千円割れ ライブドアショック拡大


まぁ、投売り開始。
LDストップ安はわかりきってた流れだけど
同じIT系も投売りされて、それが市場に波及。
下げまくり。


マザース、ジャスダックも下げ。日経平均も下げ。
下げ下げ下げ。
2ちゃんの良スレもかくやといわんばかり。


ライブドア、証券取引法違反で家宅捜索(NHKニュース9)



とりあえず、経済系ビッグニュースがきたら、isologueさんの分析を。
ここに行かないと始まりませんね。

ちょい引用ですが


NHKの9時のニュースだと、「マネーライフ社という会社を買収するときに、すでにライブドア関連のファンドで買収していたにも関わらず買収を公表した」「ライブドアマーケティング社(旧バリュークリック社)が売り上げを水増しした」といったことを理由としてあげてました。

後者はホントだとしたら論外ですが、これも「程度」がどの程度のものなのか。会計上の解釈が若干「アグレッシブ」だった程度なのか、明らかに粉飾なのか、どのへんのレベルのものかにもよるわけですが。



これですね。

ニュースなんかだと「風説の流布」と「偽計」がメインです。

特に風説の流布は、よく問題視されているわけですが、
証券取引法158条によると、懲役5年以下または罰金500万円以下で、
法人の場合は罰金5億円以下です。

実は、あんまし意味が無い。
この程度で特捜部が動くとは考えにくい。

ニュースで、刑が重いとかいってるコメンテーターがいましたが、
(まぁ、金もらって、いかにも重罪風に扱うように口裏合わせているんでしょうけど)
はっきしいって罪が確定しても執行猶予ついてお終いでしょうね。

厳しくないんですよ、米に比べると日本の証券取引法って。
だから悪いことする奴が後を絶たない。

んじゃあ、何が特捜部の目的なのかーって話になるんですけども。
以下のブログの見方が妥当かなっと。


ライブドア、強制捜査!!


ライブドア強制捜索!!


M&Aを繰り返して急成長した企業は
株価の釣り上げのために手段を選ばない傾向があります。

エンロンは、それこそ、絶頂時には
経営の教科書的会社として扱われることもあったわけですが、
「粉飾決算」で、ドカーンとやっちまい、全てを失ったわけです。

色々あったんですが、あの手の会社は時価総額が
企業成長と買収に不可欠なんで、どうしたって株価を下げるわけには
いかんわけです。だから、株価吊り上げのためには手段を
選ばないようになっていき、そして、危ない橋をいくつも・・・
ってのが典型パターンみたいですけど。

特捜部としては、今回の捜査を皮切りにして
グッチーさんやたけ先生の指摘の通り、
本丸であるLDとホリエモン周辺に切り込んで


1 LDの粉飾決算を調査立件。
2 LDの資金の不透明性などを含めて背任、横領容疑で逮捕立件。


の二点が狙いかなっと。
まぁ、ホリエモンの首がとれれば、特捜部の勝ちかな。
首は取れなくても、上場廃止に追い込めれば
LDの株式なんてトイレットペーパー同然なんで
それで死亡なんですけどね。


インサイダー天国、粉飾天国と言われる
日本株式市場なわけですが
そろそろ、皆さん、まっとうな商売してもらいますよっと。
そんなとこじゃないかと。




posted by pal at 20:24 | Comment(1) | TrackBack(4) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。