このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年12月24日

ゲーム業界のイノベーションのジレンマ

日本のゲーム産業が直面する危機――新ハードがもたらす開発費の高騰【コラム】

クリスマスイブだけど、突っ込む穴もないから
知的オナニーに耽ってみる。


漫画とゲームは、自分と関係する分野だから
最近、この二つの業界が典型的な
イノベーションのジレンマに陥っている事についてよく考える。

イノベーションのジレンマとは
クリステンセン教授の著書「イノベータ-のジレンマ」で
提唱された理論で、次のような条件が技術につき物である事から
起こる。


まず、価値とコストがトレードオフの関係にあること。
つまりだけど、企業が製品価値を高めようとすると

「価値をあげるにはコストを余計にかけるしかない」

という状況に直面する。

そうすると、企業は市場での競争に打ち勝つために
よりよい製品を作るために、一つの製品にどんどん
コストをかけるようになる。

一方で、企業間競争においては、常に価格を下げるように
市場圧力がかかる。

価値をあげるにはコストをかけないといけないのに
価格は下げなくてはいけないという矛盾する状況に
企業は直面する。

また、製品の価値がある一定以上にあがると
顧客がそれ以上の製品価値の上昇に無関心になる。
例をあげるなら、自動車でスピードを500キロだす車を
作っても、そんなのは一部の金持ち以外は買わなくなる。

マスマーケットの顧客は、ある一定以上の性能をもっていれば
それでいいわけであり、それ以上の性能価値上昇になんて
余分な料金は払わない。


この二つの条件が揃った瞬間に「イノベーションのジレンマ」
が起こる。

企業間競争に勝つには、余計なコストを払って
より価値の高い製品を作らないといけないのに
コストを払ってより価値が高い製品を作っても
顧客がそれを評価してくれないので、

「コストは上がっているのに顧客にとっての製品価値が上がらない」

という状況に、企業は、いずれ直面するって事である。

続きを読む


posted by pal at 21:38 | Comment(32) | TrackBack(4) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

スターウォーズ「シスの復讐」と物語考

先日、やっと「シスの復讐」みましたよ。

第一部と第二部が最高につまんなかったので、
期待してなかったんですが、第三部の中盤からは
良かったっす。

以下、ネタバレありなので、
観てない人は読まないで下さい。
読みたい方のみ、続きを読むからどうぞ。


続きを読む
posted by pal at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。