このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年08月13日

ネットワーク解析@経済ネットワークにおけるハブはどこなのか?

信用創造という金融用語がある。
預金と貸出しを繰り返すことで、お金が増えていくこだ。

詳しくは、このページで↓

http://www.findai.com/yogo/0016.htm


ひできさんのブログで、貨幣のお話を読んでから
この仕組みに興味をもった。

上のページの図をみていただければ、わかるが、この仕組みは


◆無限等比級数の和の公式

無限等比級数の和の公式を利用すると、
信用創造によって預金が「いくらに増えるのか」、
または「何倍に膨らむのか」という計算が簡単にできます。

(1)最初の預金÷法定準備率

最初の預金を法定準備率で割ると、
最初の預金(本源的預金)が何円に増えるか計算できます。
最初の預金が100円で、法定準備率が10%であれば、
預金総額は 100÷0.1=1000円 に増えることがわかります。

但し、預金の増加額(信用創造額)は、
預金総額1000円から最初の預金100円を差し引いた
900円(1000円−100円=900円)となります。


引用終わり。

こういう形で、金融によって、市場の中において、
お金を何倍にも流通させやすくする仕組みだ。

そして、それを生み出すのが、信用なので
「信用創造」と呼ばれると。

これ、ネットワーク解析的にはリンク数を増やす仕組みという事です。


前ふり終わり。あとで、この仕組みと
このエントリとの関係が重要になってきますが、いったん
忘れてください。



続きを読む


posted by pal at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

なんか、確信犯じみてきた今回の郵政解散

社長の本音日記さんから

小泉総理 靖国参拝も公約では?


上のリンクに飛んでもらえばわかりますが、

首相、15日とその前後の靖国神社参拝見送り示唆

だそうです。

今は、六カ国協議中で、この時期の靖国参拝は
イラク戦争でトンマしてて、支持率急落中なので
外交で得点をあげたい
ブッシュ政権が許さないでしょう。

これは、解散前からわかっていた事で、外務省としては、
なんとか、今年の靖国は六カ国協議が終るまでは
止めて欲しいと思っているはずです。

で、まあ、7/22日のニュースですが

<平沼前経産相>「郵政法案可決でも解散」TV番組で


確か、この時、平沼さんは、
「首相の性格からして否決でも可決でも解散すると思う云々」
仰っているわけです。

このあたりから、考えると、マジで
今回の解散は、計算済みっぽ。

やっぱ、最初からやる気だったんかな。
否決、可決に関係なく。

陰謀論じみてるし、昨日のエントリで書いたことの繰り返しなんで
これで終ります。
posted by pal at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2005衆議院総選挙 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。