このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年08月12日

小泉さんの狙いってこういう事?

郵政民営化は重要な問題だと思う

総選挙が決まってからは、がんがんエントリをアップしている
極党ブログさん。

またまた面白いお話です。

このあたりとか、ネットで出た話を聞いていると
小泉さんの狙いとかはこういうところですかね。

今年、初めに隊長のところの記事によれば小泉さんは
「やりのこした事は三つ。郵政改革と靖国参拝と自民党を壊すことだ」
といったそうだけど。

ここ数ヶ月、まず、郵政改革に関しては、
民営化後、金融二社(郵貯・簡保)の株式を市場で一旦売却した後、
持ち株会社傘下の郵便や窓口網の両社が買い取ることを認め
持ち株会社が完全処分の義務を果たさなくても良いという事になった。

ココがマスコミでしばしば抜け穴と呼ばれている点。

これによって、郵政族は、便利な財布に引き続き
アクセスできる事になる。

自民党は、まだ郵政利権という強力な族議員がいるのが
証明された。ただし、これは合意文書にとどまったと。

それと靖国参拝は、六カ国協議中の今やったら、
小泉さんを支持してくれてるアメリカからクレームきそう。
北朝鮮に、絶好の反撃口実を与えてしまう。

ってのが小泉さんの頭の上にあったわけで。



それを全てひっくるめて、解決できる手段は何かって事になると。

続きを読む


posted by pal at 22:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 2005衆議院総選挙 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。