このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年07月02日

好きなラーメンについて

ラーメンが好きです。

特にすきなのが、ラーメン二郎系、大勝軒系、家系ラーメン。
どれもメジャーなのばっかりですけど。

ラーメン二郎については

二郎インタビュー

に詳しいです。
東京と神奈川に系列のお店が結構あって
とにかく、ぶっとい麺と濃厚すぎるスープ、分厚いチャーシュー
が特徴。ここのラーメンは、とにかく麺が美味しい。
僕にはここの麺が一番です。他と全然違うと
思ってたら、使っている粉からして違ったんですネェ。
いや、参りました。

ただ、本店の汚さ、
三田二郎のオヤジがラーメン出す時にいつも指が入っている
のはなんとかしてほしい。知り合いが、開店前に行ったら
「オヤジがナベの中に入ってた」
なんて事をふいてたのが、マジそうで怖いです。

油ぎっしゅなスープと油ぎっしゅなオヤジのハーモニーなので
真実味ありすぎ


ついでに、客の見ている前で、スープの中に化学調味料の白い粉を
ぶち込みます。今時、めずらしい店です。
二郎は三杯食べたら止められないといいますが、
一節によるとあれは麻薬だとか。

大勝軒は、店主さんが、「教えをこう人には全てを教える」という
スタンスから、なんとインターネットにまで
自分のところのラーメン作り方を公開してます。
ちょっと信じらませんけど、マジなお話。

 大勝軒つけ麺・ラーメン製造ノウハウ

ここは、チャーシューが美味しい。
特によくいく大勝軒系のお店のチャーシューは癖がなくて
すごい食べやすい。チャーシューは自分でもつくれるし
大抵の店のチャーシューなんて、酷い肉つかってるから
上手いとも思わないけど、ここのは美味しい。

麺は、うーん、二郎に比べると1ランク落ちるかなぁ。
多分、粉の差。ただ、スープ、とくにつけ麺のスープは
ほんとに美味しい。化学調味料使わずに
魚ダシからでるグルタミン酸とガラやトンコツから出るイノシン酸を
上手く掛け合わせて作ったスープは、ホントいい。


家系は、吉村家の直系にかぎりやす。
なんでかっていうと、麺が美味しい。
酒井製麺っていう、うどん作ってた製麺会社から
卸しているらしいですけど(どうも直系のお店にだけ
卸しているらしい)この麺が、いや、ホント美味しい。

スモークをきかせて臭みを消したチャーシューも
美味しい。唯一の不満は、キンジョの直系の店につけ麺がないこと。
熱くなってくるとつけ麺がないとつらいってばさ。

なんで、こんなことかいてるかっていうと
二郎が食いたくなってきたからです。
相模大野二郎のつけ麺が食べたいなぁ。


posted by pal at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

多分、日本でも数少ない分業制度が未発達な漫画製作現場

しばしば、この仕事をしていて思う。

日本の漫画は世界に冠たる分野で、その裾野のでかさと言ったら
もう個人では把握できないほどだけど
その製作現場に関しては、およそ、17世紀くらいのレベルだ。

つまり、分業制度といったものが、あまり発達していない。

スミスの「国富論」での有名な例をあげるけど
例えば、針を作る過程は18の工程からなり
人は、それぞれの仕事を専門にしてやっている。

こうやって、一人一人の仕事を専門化する事により
一人の人間が針を作った場合よりも
遥かに多くの針を作り出すことができる。

漫画というのは、特に週間連載の分野は
とにかく量との戦いになるので
分業制度が高度に発達していいはずなんだけれど
アメコミのように、シナリオライター、ペンシル、インク、
カラーなどを分業するといった事には
あまり熱心でなかったりする漫画家が多い。

続きを読む
posted by pal at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

すごい、メンテ後のシーサーが軽い!!

みろ!昨日までの重さがウソのようだ!!
posted by pal at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。