このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年04月02日

こういう事があるから野球観戦はやめられない。

よく、スポーツマンガとかの劇的な展開に対して
「こんな展開ありえない」なんて
批判があるけど、それは的外れだと思う。

僕個人は、フィクションは、ノンフィクションには
かなわないと思っている。

あのリアリティ、現場で起こる予想不可能な展開には
常に迫真のドラマがある。

楽天 5 - 3 西武

誰もが、楽天が負けると思った試合。
日本球界bPの投手松坂を楽天が攻略してしまった。
ホント、野球はわからない。

今、楽天で抑えをやっている小山は中日から
トレードでもらった投手なんだけれども
ずーっと結果をだせず、燻っていた投手。

ドラ1で入り、将来的には160`だせる逸材と言われ
ストレート、変化球、共にいいものをもっているのに
結果は出せていなかった。
中日の凄まじい投手層の中で埋もれ、自分の投球を見失っていたのかもしれない。
プロにはいって、周りの投手の球と自分の球を比べて
自信を失い、自分の投球ができなくなる投手は多い。

それが、ここ2試合、鬼神のごとき投球で
打者を片っ端から片付けた。
正直、信じられない変身ぶりだった。
新しい環境が彼を再生させたのだろうか。

中日 5 - 4 横浜

横浜の一点リードで迎えた9回裏。
マウンドには横浜の抑え佐々木が登板。
井上を三振に仕留めた後、tanisigeにヒットを許してしまう。
そして、代打に送られたのは中日の代代の切り札高橋光信。

これだけでもドラマチックな展開だったが
結果は逆転サヨナラツーラン。

ホント、野球はわからない。
中日ファンの中に涙を流す人もいたと思う。

高橋光信は、大学時代、バッティングの才能は
巨人の高橋よりも上と言われていた。
だが、プロに入って、高橋が巨人で栄光の道をひた走ったのに対して
高橋光信は、ひたすら日陰の中にいた。
きっと、同期の巨人の高橋の活躍をまぶしく見つめていたに違いない。

だが、去年、落合に見出されて、暗い野球人生の影から
飛び出した彼は、代打の切り札として
頭角をあらわしはじめた。

中日で最も選球眼の良い選手と落合に認められた彼は
その事が自信になったのだろう。

打席にたつ度に、しぶとくフォアで出塁を繰り返し
落合の信頼を勝ち取っていく。

そして、劇的な代打同点弾、押し出しフォアで
ファンの間に一気に自らの名を知らしめた。

そして、今年は、9回裏、横浜の抑え佐々木から
劇的な逆転サヨナラツーラン。

本当によかったね、高橋光信。
また、彼に代打の切り札としての才能を見出した落合は
本当に凄い。やはり並の野球人じゃないね。


posted by pal at 22:09 | Comment(2) | TrackBack(5) | 野球 このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。