このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年03月16日

新株発行、ニッポン放送の異議却下

新株発行、ニッポン放送の異議却下

いい加減、ホリエモンネタも飽きてきた。

そもそもで、新株発行については時間稼ぎくらいにしか
考えてないだろうし、フジも。

議決権ベースでとうとう50%を突破しちまった
ライブドアだが、もう弾がない。
そもそも議決権ベースってのは幻だから
あと2〜3%は買い増ししないといけない。

なのに、肝心の実弾がもう無いのだ。

村上ファンドと組めば、まぁ、経営権も握れるだろうが
あそこがどう動くかはわからない。
土壇場でフジに寝返るかもしれないし
だんまり決め込むかもしれない。
油断がならない。決して信用してはならない。

さらに、本丸まで攻め込むにはフジの株まで
買い増ししないといけないので
追加で300〜400億は必要になる。
そんな実弾はどこにもない。

ようするに、LDはこれ以上は動きようがない。
フジだって、それは読んでたはずだ。

しかも負けたら後がないLDに比べ
フジは、負けてラジオ局とその傘下を奪われても
グループ存続はできる体力がある。
本丸防衛さえしておけば、十分なのだ。

どうやろうがフジ有利なのはわかりきってる。

だから、LDとの簡単な取引で済ます方法もあったはずだ。
それでよかったはずなのだ。
場が有利なうちに取引したほうがよかったはずなのだ。
敵を追い詰めすぎると、逆に痛い目にあう。
逃げ道を一つは作っておいて
土産の一つもやってお引取り願うべきだった。

それをせずにチキンレースでどっちも引かずに
両者、自爆しそうな展開になっている理由だけども、
日枝のじーさんが頭に血を上らせてちまってるのが原因だろうか。

あとちょっとで現役引退って時期に、自分のキャリアに
泥どころか糞を塗りつけたホリエモンに
一銭たりともやるものかって意図がビンビン感じられる。

奥田会長や市場関係者にしてみれば、
今回のフジサンケイグループの対応は
マズイの一言で、日枝のじーさんは
経済界から「経営者失格」の烙印を押されてしまった。

彼の名声は、この事件で地に落ちた。
それを取り戻そうと躍起になってやがる。
どーせ、後数年で引退だろうに。
失ったものを取り戻しても、引退して10年後には墓の中だ。
墓の中まで名誉を持っていきたいのだろうか。

しかもそこいらからワラワラと一枚かませろとハゲタカが
寄ってきてる。

こんな状況で火事場に火がついたら、あっという間に
燃え広がる。

火事でできるのがローストポーク一つならいい。
だが、このままだと豚の丸焼き一つでは終わりそうにない。

正直、もう穏便な解決はありえないかもしれない。
周りを巻き込んで大火事にならない事だけを祈る。


posted by pal at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(3) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。