このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年03月05日

イラク戦争に思う

今更だが、イラク戦争の事を考えてみた。

イラク戦争の大義である「大量破壊兵器」は結局見つからなかった。
大義は、意味を無くし、イラクでは自爆テロが横行し、
米兵の死者は1500人を超えてしまった。
今日も、開放されたイタリア人女性記者が米軍に誤射され
同行の情報局員が死んだ。

これだけ見れば、イラク戦争は失敗したかに見える。

だが、金の奪い合いという戦争の一面を見てみると
イラク戦争が失敗したとは言いがたい。

続きを読む


posted by pal at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | コラム このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

日枝会長、もうちょっと危機感もってもいいのでは・・・

さっき、ニュースで日枝会長が
「TVは絶対無くならない」
って言ってるニュースを聞きました。

うーん・・・・
確かに、TVは凄い力をもつメディアだし
無くならないと、僕も思う。

だけどねぇ・・・

18世紀、初めて汽車をみた新聞記者が

「こののろのろと走り、黒い煙をはきながら進む機械は
明らかにサーカスにおいて、その居場所をみた」

って記事書いたのをを思い出しましたよ。
その後、20年くらいで、その記者の予想に反して
イギリス中に線路が張り巡らされることになるわけですが。

まぁ、馬車が完全に輸送手段として死んで
自動車にとって変わられるまで
1世紀かかったんで、あと100年くらいはTV全盛が
続くかな。

馬車=TV
自動車=IT
とした場合ですが。

情報産業は恐ろしく早く成長することがあるんで
10〜20年で全てがかわる可能性は、確かにあるし
もっと危機感もちなよと言いたい。心から言いたい。

日本での電話の普及やラジオ、TVの普及のスピードからみて
大体、市民権をもつのは、誕生してから10年前後かかる。

そして今年でウィンドウズ95がでてから丁度10年。

節目なんだよねぇ。これって。
posted by pal at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

ガ島通信さんが新聞社を辞められてしまった

ガ島通信さんが新聞社を辞められてしまった

ブログを開設して、まもないが
衝撃的なニュースだった。

ガ島通信さんのブログには
本当に色々な事を教えて頂いた。
辞めないで欲しかった気がする。
それとも辞めさせれたのだろうか。

ガ島通信さんは、これからのメディアに必要な方だと思う。

外部の人間がこういう事をいうのは
いけないことかもしれないが・・・

これから、メディア関連の業界は
でたらめな時代に入って行くと思っている。

ネットの登場がやはり大きい。

メディア全体にとって、ネットは
凶暴さをもった情報発信媒体で、ホリエモンではないが
TVやラジオ、新聞などより様様な点で勝っている。

こういう強力な存在が世にでると、
それに関係する世界全体が引っくり返って
そこに属する人々が、最初から腕一本、頭一つでスタートを
きることになる。

そしてそのレースの勝者は、
大抵、最も金儲けが上手かった者達で
いつも最初に滅びるのが
「創られた」理想に縛られた者達なのだ。

ジャーナリズムにそういう「創られた」理想が
あるのかもしれないというのは前回のエントリで書いた。

僕には「創られた」理想に縛れられ、消えていった一人の男が思い浮かぶ。

彼の名は榊原鍵吉。明治において最後の剣客と呼ばれた男。

明治の天覧の兜割りで、集められた剣士の中、
齢40過ぎながら、ただ一人、兜に刀を食い込ませ
世に榊原鍵吉あり、と謳われた剣客である。

彼は、正真正銘の武士だった。
江戸幕府に仕え、そして、江戸幕府が滅んだ折には
「忠臣はニ君に仕えず」という
武士道の理想そのままに、新政府に仕えるをよしとせず
最後まで孤高を通した。

彼の晩年は、いいものとは言い難い。

彼は、最後まで武士道を守り通した。
それが、侍にとって最も重要な事だと信じていた。

だが、皮肉な事にその武士道というのは
江戸中期において、泰平の世の中で
必要とされなくなった武士が、自分達の存在を
正当化する為に「創りだした」理想なのである。

これは、西洋の騎士道にも全く同じことが言えるという。
騎士が必要とされなくなった時代に
生み出された理念なのだそうだ。

僕は、これを大学で教授に教えてもらった時、驚いたものだ。
騎士道というのは、騎士が生まれると同時に
生まれたものだと思っていた。

教授は続けて言った。

「必要とされなくなった階級、文化は、しばしば、自らを
正当化し、存続する為のイデオロギーを創りだす。
これは人類の歴史で幾度も起こった事なんだ。」

そして、その「創られた」理想の被害者の典型が
榊原鍵吉だった。彼にはもっと他の生き方があったのに・・・・

だが、彼は「創られた」理想に縛られ、
そこから一歩も踏み出せなかった。
そして、忘れられ、落ちぶれていった。

「創られた」理念が崩壊した時、まず最初にやられるのが
理念にしがみつく人間であることは確かに多い。
明治において、武士道にしがみついた人間が
どんどん落ちぶれていったように。

でも、いつの時代も
どんな業界も少数のしっかりした人間がいて、
崖ップチに立たされても最後まで頑張り通すのが常だ。

そして、時間さえ立てば、また世界は元通りになるのだ。
少なくとも日本ではそうだった。

日本でも激動の幕末期
そういう少数のしっかりした人間が頑張り通した。
彼らは、日本を建て直し、欧米列強の侵略を許さなかった。

全てがめちゃくちゃになり、それまで信じていた理想全てが
崩壊した敗戦直後の日本でも少数のしっかりした人間達が、
最後まで頑張り通して、荒野の日本を再建した。

倒産寸前だった日産だって、カルロス・ゴーンの元で再建に成功した。

希望を捨てず、進み続ければ、暗い洞窟の先に必ず光があるものだ。

少なくとも、僕はそう信じている。
posted by pal at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(4) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。