このブログの人気エントリを読みたい方はこちら
もう一つのブログはこちらです。

2005年03月04日

「風と共に去りぬ」に見る戦争とジャーナリズムの本質

「風と共に去りぬ」は南北戦争期のアメリカを舞台とし
南部の破壊と再生を描いた歴史小説である。
そして、その軸を通して、
レット・バトラーとスカーレット・オハラという
二人の個性的なキャラクターのロマンスが描かれている。

最近、ジャーナリズムを話題にするブログをいくつか読んで
「風と共に去りぬ」のある文章を思い出した。

作中でミード博士が南北戦争の大儀を守るための演説を述べる。

続きを読む


posted by pal at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | メディア このエントリーを含むはてなブックマーク | 編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。